ネット通販がTVショッピング「ジャパネットたかた」になる日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日に
 ユーストリームはテレビを越えるどころか時間を制覇する
 https://yokotashurin.com/youtube/ustream-tv.html
というブログを書きました。

ではネットビジネスでは、どんなことになるか予測してみます。

ユーストリームとは誰もが無料で世界中の人に
自分のチャンネルのページから生中継を配信サービス。

私が思うにネット通販サイトは、ジャパネットたかたになるってこと。
例えば、日本酒をネットから買おうとします。

YahooやGoogleで「日本酒」と検索したサイトに行くと
店長さんが日本酒を生中継で紹介している。

そうです。

ユーストリームは、個々のネット通販サイトに
埋め込む事が出来て、on air になっていれば
生中継をサイト訪問者に見せる事が出来ます。

その日本酒の紹介に興味を持ったサイト訪問者が
映像の横に出ているtwitterなどのチャット風の所に
日本酒への質問や困っている事を投げかけられます。

それを読んだ生中継中のネット店長は
それを生で答える事が出来るんですね。

おそらく今年中にはテレビ通販の会社が
ユーストリームに公式チャンネルを持って
ネット通販を始めますよ。

そこで、生中継で商品を紹介しながら
これは以下のURLで買えますよってツイートして
URLを表示させサイト訪問者を誘導できます。

タイムセールなんて、楽勝ですよね。

たまたま検索してユーストリームで生中継しているサイトを
見つけたユーザーのサイトへの訪問時間は長くなります。

これからは24時間を誰が支配するかっていう時代です。

ユーストリームの登場によって、
Youtubeどころかテレビもmixiも雑誌も新聞も
全てが影響を受けます。

ユーストリームの生中継を同時に2つは見られません。

もちろんユーストリームの生中継と
テレビや新聞やmixiも出来ません。

今までネットは、検索して好きな時に好きなだけ
自分の意思で行動できるプル型メディアであったけど
ユーストリームは主導権を握れるってことですね。

誰か発言力のある方がユーストリームで生中継したら
誰も24時間しかない時間を支配できてしまう。

それは大手が力を持つことが強くなるでしょうね。
マスメディアを使って、ユーストリームの告知をしたら
検索しないで、その大手のサイトを見に行きますからね。

確かに中小・零細でも生中継で力を持てますが
最初の告知という点では圧倒的に勝てない。

すでに、ネットビジネスは検索誘導から
マスメディアからの誘導の流れになりつつある。

テレビでは、モバゲーやグリー、そして最近ではmixiなどの
SNSはテレビCMをジャンジャン流しているし
ルナルナなどのサイトも積極的に宣伝し会員を集めている。

また債務整理や過払い請求などの司法書士や法律事務所の
テレビCMも大量に流れている。

なので、テレビは無くならないですよ。

やはりCMの影響力は大きいですからね。
でも気をつけないといけないのが先日の選抜高校野球。
http://www.mbs.jp/senbatsu/

iPhoneは、USTREAM ViewerからMBS-senbatsu-3Gを選択して
選抜野球を生中継で見る事が出来たんですね。

テレビ映像がユーストリームで流れるのは時間の問題。

あとですね。

例えば、テレビ東京が流れない地域は多いですよね。
「ガイアの夜明け」が見たいって
twitterでツイートしたとします。

すると首都圏に住む心ある(笑)方が
いいよって答えて何をすると思いますか?

パソコンについているWEBカメラをテレビに向けて
ユーストリームで生中継してしまう。

これって凄くないですか?
テレビ東京の電波が入らない地域で
生でテレビを見る事が出来るんです。

もちろん法的な問題、著作権は注意が必要です。

では、それを国なりテレビ局なりが言ったところで
全国にいるテレビ東京を見られる大勢の人の
たった一人がユーストリームで流したら出来てしまう。

Youtubeのテレビ映像に消去にテレビ局は躍起になりますが
消しても消しても誰かが流したらダウンロードされ
再アップされてしまい、とてもかなわない。

そりゃそうですよね。

テレビ局 VS 1億2千万人。

無茶な話です。

ユーストリームにも規制が入ると思いますが
誰もが匿名で参加できる現状では
テレビの垂れ流しは起きてしまうでしょうね。

テレビ局にとっては逆にラッキーかもしれない。

テレビを見ずにネットしているSNSユーザーなどに
テレビ映像を見せる事が出来るからね。

もちろんテレビCMだって見せられる。

ただ視聴率の調査など大変になると思いますけどね(笑)
話は逸れましたが、ネットビジネスにおけるユーストリーム。

1つの日本酒サイトでも、あるページを見たら
店長さんがAという酒蔵の解説を生中継している。

あるページを見たら別の店員がBという酒蔵の解説を
ユーストリームで生中継している。

こんな時代は来るでしょうね。

デジタルのようでいて、超アナログ時代です(笑)

写真が綺麗とか、キャッチコピーがしびれるとか
デザインが素敵とか、マーケティング能力があるとか
そういうことではなくて本当に売る力が試される。

それもリアルタイムで。
いま質問された事に、いかに身振り手振りで
自らの表情や音声を使って伝えられるか。

そんな時代が来ると思います。

だからこそ、リアルビジネスを大事にしなさいって
私は常々言ってきた訳です。

テレビ通販が24時間やっているチャンネルが現れたように
ネット通販も24時間ユーストリームで生中継される時代に。

果たして、皆さんの会社は生き残れるでしょうか?

ちゃんと今のうちに地に足を付けた商売してましょうね。



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓