ネットビジネスに賭ける人は、成功しない。

ネットビジネスのコンサルタントで、
こんなことを言う人はいないでしょう。

誤解しないで欲しいのですが、リアルビジネスで成功し
更なる市場を求めて、ネットビジネスへの参入を
検討されているなら全く問題ありません。

しかし、不景気で店の売り上げが落ち込んでいて
困ってワラにもすがる思いで、
ご相談に来られる企業様が大半です。

では、売り上げが落ちたのは本当に不景気のせいでしょうか?
物を売るノウハウが無い方がネットに参入して成功するのでしょうか?

実はHPを作っただけで売れる時代は終わっています。
今後は、いかに売るノウハウをネットに載せるかという時代です。

よって、私のコンサルティングはネットビジネスの前に、
リアルビジネスの洗い直しから始まります。

インターネットで成功している人は
インターネットの技術があるから
売れている訳ではありません。

SEOが出来ているから売れている訳でもなく
HPのデザインが綺麗だから売れている訳でもありません。

実は、その陰で物凄いアナログの努力をしています。
FAXしたり、DMを流したり、メルマガを送ったりして
様々なマーケティングを通して売上を伸ばしています。

一度、SEOなどで獲得した顧客に対して、
どのようにすれば既存客化するか、
固定客化するか考えています。

それなのに殆どの方が売れているという話を聞いて
その会社のホームページを見て、自分も同じものを作れば
売れると勘違いしがちです。

ほんとに売れているのか?
ほんとにHPだけで売っているのか?
確かめてみましょうね。

まずは、気になるサイトや会社に
問い合わせをしてみたり
物を買ってみることです。

その後で、どのようなアクションを
取っているか見抜くべきです。

バックヤードを動かしているのは
リアルのマーケティングです。

ここを見抜けた方のみが成功の秘訣を掴むことができます。

「ネットビジネスに賭ける人は、成功しない」
という理由は分かっていただけますよね?

一人でも多く理解していただくことが
イーンスパイア株式会社の使命です。



■プロフィール
横田 秀珠(よこた しゅうりん)
ネットビジネス・アナリスト 別名:電脳アイデア泉人
イーンスパイア株式会社 代表取締役

All About専門家の全登録者773名のうち、
全国1位の評価を獲得した実績を持つITコンサルタント(2009.10.19時点)。
⇒ All About Profile ITコンサルタント 横田秀珠

ホテル・旅館業、旅行代理店、製造業、工務店、アパレル、Web制作会社、
産直野菜、介護ビジネス、金属加工など多種多様のクライアントに、
ネットで「売れる仕組み」を構築して売上げを伸ばすサポートを行っている。

広島生まれの広島育ち。広島大学理学部数学科を卒業後、
父親が経営する高校向け国語副教材の出版会社である
尚文出版株式会社に入社、ダントツトップの営業マンとして
会社の売上げを右肩上がりに伸ばし、会社としても大きな期待を
受けていたが、31歳の時に営業先の新潟で大恋愛。

親の反対を押し切って結婚、会社を辞めて新潟に居を構える。
生活のため「近所だったから」という理由で、
全く未経験のWEB制作の会社に飛び込んだのが
現在の仕事のきっかけとなった。

入社後は持ち前の情報収集能力と理系の思考力を生かし、
Webセミナー講師を担当したり、提案営業を行って
コンサルティングのセンスと経験を身につけていった。

2007年に独立してからは、商工会議所などからの依頼で
地元の中小企業向けに年間90回のセミナーを行う。

同時に自らもほぼ同数のセミナーに出席するなど、
圧倒的な量のインプットとアウトプットによる
ノウハウと情報を、無料サポートの「ネットビジネス研究室
(2011.2.1時点で会員数161名)と月々3,000円からの
有料サポート「ネットビジネス研究所」(2011.2.1時点で
会員数50名)の主催コミュニティで日々情報を発信している。

コンサルティングは、ビジネスに留まらず時には恋愛相談などにも応じ、
いつでも気軽に誘って飲みに行ける「よこたん」の愛称で会員から
親しまれている。また毎月1回、会員を集めて「ネットビジネス研究会」を
開き、クライアントの成功事例の発表や情報交換などの場所を提供している。

また、クライアント同士が交流できる懇親会を通し、
横の繋がり作りにも力を入れている。2010年6月には
Facebookページでネットビジネス研究室を立ち上げ、
僅か半年で1000名のファンを集める。(2014.4.30時点で会員数4000名)
私生活では、毎週レンタルCDショップに行き、ジャンルを問わず
新着CDを全部借りて録音するという徹底した「曲収集」を行っている。
これまでのストックは20000曲あまり。ITコンサルタントの次は
生活シーンに合わせて鑑賞曲をアドバイスする、
日本初の「音楽ソムリエ」になることを密かに夢見ている。
ついに音楽コンサルタント協会まで発足した。⇒音楽コンサルタント協会HP


■120字プロフィール
ネットビジネス・アナリスト。未経験のIT企業に就職し、たった3年で独立し、2007年にITコンサルタント会社のイーンスパイア(株)を設立し現在に至る。All About ProFile全専門家で全国1位のコラム評価を獲得した実績を持つ。全国で年間160回の講演も行う。

■150字プロフィール(リピートセミナー向け)
ネットビジネス・アナリスト。公立長岡造形大学の情報リテラシー講師。1971年広島市生まれ。2007年にITコンサルタント会社のイーンスパイア(株)を設立。2015年「リピーターづくりの仕組み100事例(NMR)」を出版。全国で年間160回の講演を行う。FM新潟の番組審議委員会の副委員長として活躍中。

■300字プロフィール(リピートセミナー向け)
ネットビジネス・アナリスト。公立長岡造形大学の情報リテラシー講師。1971年広島市生まれ。未経験のIT企業に就職し、たった3年で独立し、2007年にITコンサルタント会社のイーンスパイア(株)を設立し現在に至る。All About ProFile全専門家で全国1位のコラム評価を獲得した実績を持つ。全国で年間160回の講演も行う。「ネットビジネスに賭ける人は、成功しない。」というポリシーを掲げ、ネットに留まらずリアルのビジネスまで踏み込んだコンサルティングを行い、2015年にネットでもリアル店舗でも使える「リピーターづくりの仕組み100事例」を出版。FM新潟の番組審議会の副委員長としても活躍中。
■300字プロフィール(IT系セミナー向け)
ネットビジネス・アナリスト。公立長岡造形大学の情報リテラシー講師。1971年広島市生まれ。未経験のIT企業に就職し、たった3年で独立し、2007年にITコンサルタント会社のイーンスパイア(株)を設立し現在に至る。All About ProFile全専門家で全国1位のコラム評価を獲得した実績を持つ。2008年9月から1日も欠かさずブログ更新し、最新のネットビジネスに関する情報発信をしつつ、全国で年間160回の講演も行う。「ネットビジネスに賭ける人は、成功しない。」のポリシーを掲げ、ネットに留まらずリアルのビジネスまで踏み込んだコンサルティングを行う。FM新潟の番組審議会の副委員長としても活躍中。
■300字プロフィール(業界別集客セミナー向け)
1971年広島生まれ。広島大学理学部数学科を卒業後、父親が経営する教育関係の出版社で営業を10年経験。その後、新潟に拠点を移し、全く未経験のWEB制作会社に就職。情報収集能力と理系の思考力を生かしコンサルタントとして実績を積む。たった3年で独立し、2007年にITコンサルタント会社のイーンスパイア(株)を設立。地元企業へコンサルティングを行う一方で、全国で年間160回の講演も行う。今まで2500以上の業界サイトを分析し、2008年から1日も欠かさずブログ更新するなど、圧倒的な量のインプットとアウトプットをしている。講演は、常に前向き、次なる時代へと歩みを進める事の重要性を説くと共感を得ている。
■講演で自己紹介している動画6分ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=FA8FrR_2kfA



■経歴
1971年広島市生まれ。大学卒業後、教育関係の出版社で営業を 10 年経験。
その後、新潟 に生活の拠点を移し、地元の IT企業に就職する。
この会社でさらに 3年間、営業やコンサ ルタントとしての経験を積む。
2007年、ITコンサルタント会社としてイーンスパイア株式 会社を設立。
ネットビジネスの指導や講演を行う。

1994年~2004年
卒業後、父親が経営する地元の国語教育図書の尚文出版株式会社に入社。
営業社員として就職。東京営業所勤務となり、東日本エリアの学校に
営業回りする日々を5年間送る。その後、仙台営業所の立ち上げを任される等、
同社で着実に実績を重ねる。仙台営業所所長時代の2002年に結婚。
その2年後、妻の出身地である新潟県に落ち着くことに決め、
家業は父と兄に任せて会社を退職。

2004年~2007年
新潟のIT企業に入社し新潟に転居後、地元を拠点とする IT企業に就職。
営業スタッフとして勤務しながら、「数字」に強いもともとの資質が反応し、
ごく自然に技術的な面での知識も増える。その結果、次第に営業の職域を超え、
社内で「コンサルタント」と いう立ち位置にシフトしていく。

2007年~2009年
ネットビジネスのコンサルティング会社、イーンスパイア株式会社 設立。
同社主催による「IT セミナー」の立ち上げに関わるだけでなく、
セミナーの講師を命じられた際、その経験がきっかけとなって、
自分の中に「人に教えるのが好き」な面があることに気づく。
コンサルタントとしてより「中立」な立場で活動したいということもあり、
同社を退職。自分の会社、イーンスパイア(株)を設立して、
本格的にコンサルタントとしての活動をスタートする。

2008年~現在
新潟商工会議所のエキスパートバンク、地域力連携拠点事業の専門家としても
活躍中 出版社の営業マン時代を通じて培った、豊富なビジネス経験を元手に、
「バーチャル」の領域に留まらず、地に足のついた ITコンサルティングが信条。
「第二の故郷」である新潟の商工会議所より専門家として意見を求められる等、
地元からの信頼も厚い。

■実績
新潟県内のネットビジネスを行う企業に対して、
インターネットを使った売れる仕組み作りを提供しています。
(所属団体)
・新潟商工会議所 エキスパートバンク
・新潟商工会議所 地域力連携拠点事業専門家
・新潟県商工会連合会 エキスパートバンク
・にいがた産業創造機構IT コンサルタント
・FM新潟 番組審議委員
・国交省アカウンタビリティ研修講師
・公立長岡造形大学・情報リテラシー講師(2014年〜)
■リピートする仕組みセミナー紹介文300字
リピートする為には、世界一のオリジナル商品を作り、どこよりも安い価格にして、誰にも負けないサービスを提供する。大企業なら出来そうな話ですが中小・零細企業には厳しい話です。実は、このような条件でもリピートしない理由がある事も当日は明らかにします。ところが一方で、商品やサービスがイマイチでも何故かリピートしまっている事例が世の中には沢山あることに私は気付きました。そこで多くの事例を分析すると9つのパターンに分類できました。この理論は私が新しく生み出したもので世界で唯一の考え方です。当日は中小・零細企業でもリピートできる9つの仕組みを様々な事例を通して解説します。ぜひ多くの参加お待ちしています。

■講師選定の理由(2011.2.7糸魚川青年会議所)
先進の情報技術である IT をテーマにこれまでに開催されてきた、
各種団体・企業を対象とした講演での実績は言うに及ばず、常に前を向き、
次なる時代へと歩を進める事の重要性を説く姿勢に共感をし、
好奇心に満ちたお話でメンバーの推進力を更に加速し て頂ければと思い、
今2月例会に講師としてお呼びしたいと考えました。
また、お隣の上越市に
ご在住であり、糸魚川市および糸魚川 JCへの造詣も深い点も 選定の理由となりました。 ⇒引用(pdf)


■講演の告知などで使うプロフィール写真は
以下に掲載の写真を自由に使って下さい↓↓
https://photos.google.com/album/AF1QipPuURBAW-8UrxXshLH7j4sDyEqOOFYDABuTu0k


※クリックすると写真のページへ移動します。100枚以上あり。


■セミナー講演風景の写真を使いたい場合は
以下に掲載の写真を自由に使って下さい↓↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.468332943208650

※クリックすると写真のページへ移動します。300枚以上あり。



なぜイーンスパイア(株)はイーと伸ばした会社名なの?

http://yokotashurin.com/etc/enspire-name.html

実は、こんな質問をされる方が多かったり
改めて聞かないけど疑問に思っている人が多いらしい。

ということで、以前に会社名の由来を書いたことあるのですが
 http://yokotashurin.com/etc/plofile.html
改めて抜粋しながら追記したいと思います。

そのコラムを書いた2009/05/28には、
Yahooの「イーンスパイア」のインデックス数は10900ページでしたが
今日現在2010/2/10では3倍近い28500ページです。

ちなみに会社名を決めた2007年10月時点では、2,3ページでした(笑)
そのページとは、インスパイアという言葉を書き間違ったものです。

当面はYahooで「イーンスパイア」と検索した時の検索結果に
 インスパイア ではありませんか?
と表示されなくするのも当面の目標です!!

私が起業する上で、一番に実感したのが、
対面で会えないネットビジネスだからこそ、人との関係が大事。

インターネットの社会は、デジタルでクールですが
そこに人間の心を吹き込んだ温かみのあるネットビジネスを行いたい。。。

相手の心を動かして、ネットビジネスを動かしたい。。。

だから、イーンスパイア株式会社(Enspire Co.,Ltd.)という名前にしました。

インスパイアとは、ホンダの車の名前でもありますが
(今後はホンダのインスパイアに乗らないとダメかな・・・)

英語で次のような意味があります。

1〈人を〉奮い立たせる,〈人を〉刺激して(…する)気にさせる
〈人を〉促して(…を)する気にさせる
2(呼び)起こさせる いだかせる ,喚起させる
3 …に生気[活気]を与える …を活発にさせる
4 鼓舞する 奮起させる

など。

この名詞形のインスピレーション【inspiration】と言えば分かりやすいかな?
”ひらめき”、”勘”、”感”と訳されます。

そう。

ひらめく、ひらめかせる、そんな仕事をする会社名です。

なぜ、イーと伸ばすのか?

通常はインスパイアなのに、イーンスパイアと伸びていると
不自然に感じて心に残るという心理学のゲシュタルトという効果も使っています。

本当は、意味があります。

英語で書くと、
 inspire
ではなくて
 enspire
とかいて、イーンスパイアと読む造語です。

i(イ)でなくてe(イー)だから伸ばすって訳(笑)

リアルの世界で使われている人の気持ち(emotion)を大切にしたinspireを
インターネットでよく使われるe(electronic)の世界に使う
ということも現わしています。

ネットビジネスでは、「i」と「e」がよく使われています。
「i」・・・インターネット、インフォメーション、日本語の”愛”
「e」・・・電子、日本語の”良い”
この2つを融合した会社名にしたかったんです。

これは、会社のロゴをみてもらうと分かりますよね。
「i」と「e」どちらでも読めるような頭文字になっています。
それでいて、どちらかと言えば「e」と読める。

英語の筆記体の妙です(笑)



ロゴデザインもあります。
弊社のクライアント様のデザイナーに作って頂きました。
ほんとに素晴らしいデザインありがとうございます。

そして、もう1つ意味があります。

enspireを2つに分けると

 enspire=「en」+「spire」

となります。

 「en」・・・・・・人のご縁という意味です。
       人と人の繋がりを通して行きたい。
 
 「spire」・・・尖塔、尖がっている部分という意味です。
       誰よりも先を私が走って皆さんを引っ張って行きたい。

この意味も込められています。

イメージすると、丸い布があります。
その中心部分を引っ張っていくと円錐が出来ます。

その尖塔が私で、その回りにぐるーっと輪がある。

その輪が私が引っ張るにつれて
小さくなり一致団結して前に進むというイメージです。

また、ドメインも
 inspire.co.jp
なんて、当然に取れない(ドメインは早い者勝ち)ので
 enspire.co.jp
と汎用ドメインである
 enspire.jp
が共に取れるように会社名を決めました。
この2ドメインは既に取得しています。

何故たった一人なのに株式会社にしたのか?

それは個人事業主では、co.jpが取得できないからです。
ネットビジネスに関わる仕事だから
どうしても、co.jpが欲しかったんです。

ドメインとして、co.jpは評価されますしね。
実はドメインが取れるかどうかが会社名を決める大きなポイントでした(笑)

ということで会社の公式サイト
 http://www.enspire.co.jp
に加え、enspire.jpというドメインも持っていて
 http://enspire.jp
の通り、副業の音楽コンサルタント協会のHPです。

あと個人で細々とやっていくのではなくて
会社として大きくしていきたいという想いもあります。

私が死んだら終わりみたいなとこに
皆さんの大事なネットビジネスの未来を
預けていただくわけには行かないからね。

だからこそ、ノウハウを教えることには出し惜しみはしない。

ノウハウを100%教えたとしても出来ないことがあるからです。

自分の会社に適したノウハウを見つけ出す事も難しいですし
そのノウハウを元に新しいアイデアを考える事も難しい。

そんな時に大事なのが、イーンスパイア(ひらめき)だと思っています。

「アイデアは既成事実の新しい組み合わせに過ぎない」と言います。

でも無制限に出来る組み合わせの中で、
御社に最適なアイデアを見つけ出す事は
多くの経験を持った方でしか出来ません。

多くの経験から生まれるのがイーンスパイア(ひらめき)です。

皆さんの業界の中のノウハウや情報は、私に勝てません。
そこは絶対に負けないように頑張って欲しい。

しかし異業種のノウハウや情報を幅広く持っている事は任せて欲しい。
異業種のノウハウや情報を皆さんの業界に当てはめることは
私の仕事で、そこから新しいビジネスモデルが生まれますからね。

コンサルタントとは。。。
相手の心を動かして、ネットビジネスを動かす。
金や力・技術で動かすのでは無い。

そう思っています。

コンサルタントには3つあります。

・クライアントの要望を応援する
・コンサルタントの希望通りにする
・クライアント・コンサルタントが同時にいることで
 全く新たなものが(潜在的なもの)がひきだされる

この3つめは、心があってのことだと思います。

この会社のウリは3つ。
 1.たった3年でネットビジネスを知り、たった3日で起業した会社
 2.ネットビジネスのノウハウは持っていません
 2.この世からWEBコンサルタントを無くす

とんでもないことを書いていますね。

でも、これが経営理念。

なぜなら。。。

まず1は、この業界は何と言ってもスピードです。
お客様の要望にはスピーディーにお答えします。

2は、ノウハウがあるなんて偉そうなことは言いません。
ネットビジネスは熟成した市場ではありません。
まだ成功した会社はありません。
業界が大きく伸びているときに、大事なのは成長すること。
お客さんと共に学び、ノウハウを提供します。

3は、2の延長です。
ノウハウは私に溜まっていたのでは意味がありません。
ノウハウは全てお客様に蓄積されます。
私は情報・技術の出し惜しみをしません。

そうです。

いつまでも、コンサルタントがいないと困るって状態はダメ!
3年で私から卒業して、独り立ちしてください。
だって、私は毎年クライアントが増えていたらパンクします。
私は巣立つことができたクライアント様の実績を心に秘め、
そして巣立ってぽっかり空いた時間を次のクライアント様に注ぎます。

最近、イーンスパイアは次のような使い方をされています。

横田さんにイーンスパイアされた。

という風に(笑)

これは横田さんに影響を受けた、心を動かされた、尊敬する(リスペクト)
感化された、ステージが上がったという意味合いで使われます。

これを読んで、私にイーンスパイアされた方。
(これからは、イーンスパイアーと言いましょう!)

ぜひ、一緒に頑張りましょう。

日本中のネットビジネスをイーンスパイアできるように頑張りたいと思います。

今後とも、イーンスパイア株式会社を宜しくお願い致します。

                  イーンスパイア株式会社 代表取締役
                 ネットビジネス・アナリスト 横田秀珠

コンサルタントは、顧客を卒業させる事が最強の実績

http://yokotashurin.com/etc/consultant-graduation.html

コンサルタントって何だろうって思う。

私はコンサルタントという響きやイメージが嫌いで
他の言葉で言い表せないかと思ってきた。

そして、やっと見つけたのが家庭教師という言葉。

「売上に困るネット店長の家庭教師」

である。

コンサルタントのイメージって、
専門用語や数字を織り交ぜた口で物を言い
こうあるべきだという理想論を語る。

でも実際に困っているのは、
もっと単純で、もっと些細なことが多い。

そのタグを外せばレイアウトの崩れが直るのに
その機能さえ知っていれば仕事が倍も速くなるのに
そのサービスさえ知っていれば経費削減できるのに。

そんなケースが多い。

じゃあ、コンサルタントと家庭教師の違いって何だろう??

家庭教師って、中学とか高校の時に
英語とか数学などを自宅に来てもらって
手とり足とり教えてもらうものですよね?

それで目標のテストに向けて頑張ったり
目標の学校に合格するために頑張ったり
苦手科目を克服するために頑張ったりする。

そして最後は卒業である。

高校に入学したら、中学の家庭教師を卒業するし
苦手科目を克服したら家庭教師は要らなくなる。

でもコンサルタントとの契約って、半永久的ですよね?

半永久的にお金が自然に入る仕組みを作る事が
マーケティング的にも大事って唱えているんだから
自らのビジネスにおいても、ちゃっかり実践している(笑)

ここで、よーく考えてみよう。

家庭教師って、テストに合格させないように
大事な事を教えなかったりするだろうか?

あと1点偏差値が上がったら、目標校に合格しそうだから
手を抜いて教えたりするだろうか?

苦手科目を卒業しそうだから、もっと高度な事を教えるべきなのに
あえて苦手意識を持たせるような変な問題を出すだろうか?

家庭教師は、あくまでも子供の為に
親身になってアドバイスしますよね?

親身になったら、自分の契約が切られるなんて考えないで
子供の為に出来るだけの努力しますよね?

私も、こんな存在であろうと思ったんです。

なので、電話で言えば済むような話でも
メールすれば分かるような簡単な事でも
出来れば、お会いして寄り添って教えてあげたい。

お客様の成長を身近な存在で見守り応援したい。

だからこそ、「売上に困るネット店長の家庭教師」です。

今日も本当に些細なことだったけど
何度も電話やメールでやり取りしても解決しなかったことを
訪問してアドバイスしたら、簡単に解決できたんだよね。

契約では訪問すべきでは無いんだけど
どうしても気になったので電話して
ちょっと寄りますので良いですかって。

実はネットビジネスで売り上げに困っている方の中で
こんな些細な問題の為に多くの時間や費用、労力を使っている
ケースは本当に多い。

もしかしたら私のような事をしていたら自滅するのかもしれない。

でも、お客様の傍で利益度外視でアドバイスをし
真の底から成功を語り合える瞬間は感動的です。

本当に嬉しいです。

なので、弊社の売り文句は
 「3年以内に私から自立させ卒業させます」
なんですよ。

決して、契約を長続きさせるために
ノウハウを小出しにしたり、出し惜しみしたり
自分に依存させるようなことはしない。

依存体質にすることが儲かる事は百も承知ですけどね。

そんなことして、あんたは大丈夫か?って声が聞こえてくる。

大丈夫なんですよ。

なぜなら、お客様を成功させて自立させる事が最強の実績ですから。

この実績を積み重ねていけば、今までより多くの費用を出しても
弊社に頼みたいっていうお客様は現れますからね。

そこに付加価値を見出せばいい。

もしコンサルタントと契約されている方がいたら
質問してみるといいですよ?

「あのぉ、私は、あと何年くらいで貴方から卒業できますか?」

それに明確に時間と、その時間までの計画を示せる人がいれば
安心して、そのコンサルタントについていくと良いですよ。

その代わり、期限になっても卒業できないなら
そのコンサルタントに怒鳴ってみるといい(笑)

決して世の中のコンサルタントを全否定している訳ではない。

優秀で立派なコンサルタントも多いです。

私が言いたいのは、もっとアットホームで
身近な存在でありたいから家庭教師って名乗っている。

ただ、それだけですよ。




■推薦者のコメント

2009.4.15
(株)ジェイグルーブ 松本賢一氏から推薦を頂きました。

2009.4.24
(有)はなまる企画 むらかみかずこ様から推薦を頂きました。

2009.6.25
(株)ウジパブリシティーのウジトモコ様から推薦を頂きました。

2010.12.20
販促コンサルタント岡本達彦様から推薦を頂きました。


セミナーの講演講師としてプロとして常に
自分へ問いかけてる質問を挙げてみました。
http://www.slideshare.net/ShurinYokota/10-51533716


詳しくは15分の動画で解説しました。
https://www.youtube.com/watch?v=kVpeH5_zW_c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加