デキビジ勝間和代・高田明(ジャパネットたかた社長)対談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デキビジ勝間和代と高田明(ジャパネットたかた社長)対談まとめ

長崎県の実家のカメラ屋を一代で
年商1500億円の通販会社にのしあげた
ジャパネットたかたさん。
http://www.japanet.co.jp

売上 1370億円
経常利益 75億円
紙媒体:43%
テレビ:29%
ネット:23%
ラジオ: 5%
意外にもテレビが1位でないのが驚きですよね!

BSジャパンの勝間和代さんがキャスターを務める
“とんがった ”経済情報番組「デキビジ」。
http://www.bs-j.co.jp/dekibiz/
で勝間さんとの対談がありました。

以下の動画で20分過ぎから始まります。
 http://say-move.org/comeplay.php?comeid=71521
前回の花畑牧場の動画も削除されていたので
 http://enspire.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-9038.html
今回は早めに見て下さいね。

では、勝間さんとの対談まとめましたので参考ください。

高田さんは還暦を迎えているけど
そう見えないのに秘密ありますか?
声を出しているから健康なのではと思う。

一つの商品をPRするのに
TAKE9など納得するまで撮っている。

一言でお客様に伝わる力があるので
常に反省し、つねにどう変えるか考えている。

100個を売る事が出来るなら
どうやったら1000個を売る事を
伝えられるか考えている。
職人と言うか芸の域ですね。

お客様あっての世界なので
お客様に感動を与える課題を背負っている。
例えば、電動アシスト自転車を紹介するなら?

自転車って、ガソリンも高いし、健康にも良いし
車に折り畳んで、サイクリングコースで走って下さいではダメ。

皆さん、春の風を感じて夫婦で走ってみませんか?
気持ちが、す〜ってして人生が豊かになりますよ~。

詩人ですね。

商品の機能説明だけでは無機質な商売でダメ。

人が幸せになれるような眠っている商品を売り出したい。

2005年で900億円しなかった。
2009年で1491億円の内訳は、紙媒体、ネットに次ぎ
テレビが3番目。昨年ネットがテレビを抜いた。

今年は100億円くらいネットがテレビを上回る予定。

メディアミックスになっている。

社員が500名弱。

どれだけ感動を世界へ伝えられるか?
高田さんはクレドを作られていて素晴らしい。

なるべく地元の高校生を雇っていた方針が
顧客情報の流出事件があってから、社員の採用方針が変わった。

その事件は今後100年、200年も背負っていくべき重い課題。
決して忘れては行けないこと。

性善説を信じているからこそ、経営者として
彼らを守ることが出来なかった事に反省している。

そこに注力出来なかった経営者の責任である。
監視カメラなどをつけたが性善説に基づいて安全だよと
宣言していると社員へ伝えてて、その隙を埋めた。

方針を大きく変えた訳では無い。

(長崎)佐世保に本社があり、
コールセンターが福岡で
倉庫が愛知にある。

これだけ東京集中がある中で、どのような戦略があるのか?

通販でやっているので、全く不便さは無い。

地方が負けていると考えている時点で負けている。

格差を感じた時点で負けている。
心理学で言われている通り。
自分が出来ると信じることから全ては始まる。

ラジオで始めた当初は長崎から発送すると言った時点で
注文をキャンセルされたこともあった。

そこで絶対に敵に商品をして素晴らしいと言える
ナショナルブランドを扱っていくことにした。

お金に見合う品質のいい、お客様を裏切らない商品を扱う。
ナショナルブランドなら、どこでもサービスが可能。

今では、あえて長崎から放送していると言って
安心して、お客様に買って頂いている。

ローカル発でも出来ると信じる事が大事。

2005年906億円の時33億円の利益で
1370億円の時も38億円の利益で利益率が下がっている?

でも昨年は1491億円で100億円の利益を出している。
利益率10%が目標。
会社は、どんどん利益を出して税金を収めないといけない。

高田さんがいなくなったら、どうなるのか?
大丈夫です。
ジャパネットたかたの「たかた」を取ろうとしている。

販売からサポートまで全部自前の会社で行うので大丈夫。

ネットブックを高齢者に売るのは無謀に思えるが?
セッティングなど高齢者は出来ないけど大丈夫か?

ジャパネットではオリジナルの取説を用意している。

ネットブックの場合は珍しいんですが
コールセンターに掛かってきても注文を受けない。

こちらから改めてお客様の元へ電話をして
納得するまで20分も説明してから契約を頂く。
お電話の半分くらいは契約に至っていない。

ネットブック一式どのくらいの値段でしょうか?

本体は5,6万円なんですが
カードを入れてセットで100円とか?

プリンタとか入れて。。。
納得してから買ってもらう。
衝動買いは、(高田社長は)良い言葉だと思っている。

買って良かったと思って納得してもらえば問題ない。
(勝間さん)高価なものでも100回使えば割安だし
1回しか使わなければ高価なものになってしまう。
だからこそ使うってことを伝えている。

ネットブックの面白さは?

カメラがついていること。
旅先に行って、カメラで、こんなところに来ているよって出来る。
ネットブックは2台で初めて価値が出る。

スカイプのようにテレビ電話が出来る。

twitterからの質問。
「いい商品でも利益率が低いものでも売るのか?」
利益が低くても、価値がある商品を売っている。

良い機能のもので、中くらいの価格の物を売っている。
良い物をお安くしているってのがデフレに脱却するコツ。
ユニクロとかニトリとかが好例。

分割払い手数料無料が大きいのでは?

ハイビジョンテレビとか高額商品の殆どが使われる。
手数料無料の原資はジャパネットの利益から負担している。
現在50億円を負担している。

最終利益の半分くらいを払っている。
ここはジャパネットの大きな柱となっている。
クレジット会社が金利を10%くらい取るのは貸し倒れがあるから。

それをジャパネット負担ですることは長期的に見て大丈夫か?
今は金利が低いですが、高い時もやっている。

今のところ企業努力で頑張っている。

現金で買ったら、金利負担分の利益を被っているのは?
そんなことは無い。

中国展開、世界展開は考えていない。
まずは日本をしっかりやりたい。
最後に若さの秘訣を教えて下さい。
・食べない
・くよくよしない
・ロイヤルゼリー
ロイヤルゼリーはジャパネットで売ってます(笑)

以上です。

私もtwitterで、ジャパネットたかたについて
今年の5月1日にツイートした事があります。
http://twilog.org/enspire_co_jp/date-100501
ジャパネットたかたを見ているんだけど、この凄さは値段を堂々と声を張り上げていっていること。つまり自分のつけた値段に自信を持っているんですね。20万!とか言いながら堂々と言う。これが出来ていない人が多い。一瞬でもひるんだり、後ろめたさがあったら、お客様に見抜かれるんです。
posted at 10:43:08
http://twitter.com/enspire_co_jp/status/13162629862

さらにジャパネットたかたの凄いのは、高い値段を言った後に、「さらに今なら●●がついて25万円」て手法。これも効果あり。アンカリングという心理学に基づいていますね。素晴らしい。ネット通販でも真似る点は多いよ。
posted at 10:44:33
http://twitter.com/enspire_co_jp/status/13162697400

お客様が高いとか、今は要らないとかマイナス要素が頭をよぎった瞬間に、そのマイナス要素を払拭するポイントを強めに言っている。ジャパネットの凄さはシナリオの精度の高さにある。ただテレビで話しているだけでは無い。対面販売していない人には、このシナリオを書けないんだよね。ネットも一緒です
posted at 10:47:51
http://twitter.com/enspire_co_jp/status/13162857181

私はネット通販する上でオススメしているのは、ジャパネットタたかたを見ることと通販生活を読む事。この2つにはネット通販を成功に導くノウハウがギッシリ。よだれもんです(笑)。マジで。
posted at 10:49:58
http://twitter.com/enspire_co_jp/status/13162957729

是非ご参考ください。



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓