noteでLINEの活用コンテスト #みんなのLINEビジネス 応募

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで更新通知を受け取れます

缶コーヒーの底にある模様は
何か意味あるの?誰か教えて!
イーンスパイアの横田です。
https://www.enspire.co.jp

YouTubeショートにしてみました(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=hKDTGh1M0j4

誰の曲のイントロか分かりますか???

さて、本題です。

noteでLINEの活用コンテスト #みんなのLINEビジネス
https://pages.linebiz.com/all-linebiz/
ご存知でしょうか?

本当は、本日が締め切りだったので
最後に滑り込もうと思ってたんだけど
2021年8月16日まで延長みたい。

僕も応募するために振り返りました。
詳しくは15分の動画で解説しました。
https://youtu.be/vYA05HPk8Hc
noteでLINEの活用コンテスト #みんなのLINEビジネス 応募

動画で話した内容を
AIによる文字起こし
下記に掲載します。

みなさん、こんにちはイーンスパイアの横田です。 今日もユーストリームも使いましてネットビジネスに関する情報を生中継で15分間お届けします。今日もよろしくお願いします。 はい今日はですね2021年7月30日なんですが実は先月ですね LINE っていうサービスが始まって10周年っていうですねイベントがあったようなんですけど、この10年を振り返ってみて LINE と私の会社 LINE@ですね、どういう風にですね、このビジネスを加速することができたか LINE さんのおかげですねということで今回は振り返ってきたいと思います。まずはですね、ちょっとこちらの方からご覧いただきたいと思うんですが はいちょっとねこちら見ていきたいと思うんですけどはいここに書いてるのは何かって言うとですね、まず2011年6月ですね LINE というサービスは開始したわけなんだけどこの時はですね正直僕ですね様子見で使わなかったんですよねなんかいろいろ話題にはなってたんだけど特にあんまりですね僕的には珍しいかなと思いますね色々とアンテナを張ってるのに、ありがちなのに始めなかったちょっと意外なんですねその翌年の2012年12月に LINE@というですね企業向けのサービスが始まったのにこれもですイマイチ反応しないで LINE@が始まったこれはすごい可能性があるよみたいなことは全然ですね話をしていなかったのでその間に LINE のユーザー数ってのはどんどん増えてきたわけなんだけどそしたらですね翌年の2013年に事件が起きるわけです。2013年5月にですね、現役の女子校生に話をする機会があってですね LINE の活用を聞いてビビったんすよね。グループを作っているとか例えば色んな宿題とかですねそのやり取りも LINE に行ってるとか LINE 電話を繋ぎぱなしにしてあの彼氏と電話をしてるとかですねこんな話を聞いてこれはやばいぞということで2013年になって慌てて LINE を始めたわけなんですよ。そしたら偶然なんですけどその翌月の2013年の6月に名古屋の方で活躍しているLINEコンサルタントの松浦法子さんという方とですねお会いする機会がありましてねそのLINE@の本をこれから出すんだよって話で是非お会いしてお話をさせてくださいっていうことで話を聞いてこの LINE のですねプッシュ通知ですねプッシュ配信の可能性ってのに気づいてこいつはやばいぞということですね僕も慌ててこの2013年の6月からこの LINE とか LINE@のですね勉強を始めたわけですね でもこれはですねいてもたってもいられないということでよ9月ですね弊社が主催していますネットビジネス研究会の方でいろんなゲスト講師を呼んで講演なんか行っているんですがそこでですねこの松浦さんを新潟には招聘しましてですね講演をお願いしましてそれから8月9月という感じで結構ですねあの全国のいろんなとこで合宿 LINE の合宿セミナーをしたりとかあの二人が一緒にですよ話すような機会をたくさん作ってね2013年はかなり LINE@てを多くのクライアントさんにもお伝えすることができたんですねまあそれによってですねやっぱり結果がすごい出てきても即効性があってですねかなりですね自分のクライアントさんでも結果出てきたのでまその結果をもとにしてセミナーをする機会が増えていって2014年は LINE のセミナーって本当全国各地でさせていただきました。そうしているとですね2015年の5月にですね なんとですね LINE 主催のですねセミナーにて特別ゲスト講師で講演するって機会をいただいたんです。これは嬉しかったですね。あのLINE公認じゃないですけど話をできるって事なので嬉しいなと思いますが新潟の方で開催されたんですけど新潟にゲスト講師ということで新潟の事例なんかもですねお話させていただきました。その2015年ちょっと日付が遡っていますが3月にですね LINE さんが始めた LINE ブログっていうものがあるんですけどこれがね開設して早速スペシャリストっていう枠で登録をし 頑張ってそれからブログの更新を続けていましたら2017年の2月になって LINE BLOG が公式ブログとして緑バッチってですねあの芸能人とかついてる緑バッチの認定を受けたわけですね。そしてその翌月にはですね弊社の LINE@が一般アカウントから認証済みアカウントに格上げすることができました。認証済みになると何がいいかと検索でねヒットすることができるので認証済みって大きいんですけど、僕のようなコンサルタントってなかなか認証が取れないんですけどこれが何とか取れたっていうことです。2019年の4月に LINE Pay ってのが始まったということで LINE Pay の加盟店登録の審査に受かりましてそして LINE 公式アカウントと連携することができますのでこれによってんですねさらにビジネスが加速していくわけなんですが実際ですねどんなことをやったかってことですね今から話ししていきたいと思うんですけど まず一つ目ですね弊社はセミナー講師とかコンサルティングとか会員制のサービスを行っているんですが、まずはセミナーの参加者の方に友だち追加をね現地でしていただけると今日の内容のレジメを PDF でプレゼントしますよっていう企画をやりました。今までであればセミナーの資料っての紙でもらうんだけどやっぱりこれでもらったらですねいつでもどこでもね復習できますし紙に書いてある URL とかもクリックして PDF の長リンクで飛べますからね欲しい人はまず友だち追加してもらって友達を増やしていくってことをやっていきました。つぎにですねブログに友達追加ボタンっていうのを設置したことによってブログの更新情報を受け取りたいんだったらゲットできるよっていう告知をしていきました。これまで悩みだったのは毎日ブログを書いてるんだけどやっぱりね読んでもらえないとかですねそして今日みたいなこういう15本動画を撮って 動画見てもらえないとかライブ配信を見てもらえないっていうか悩みがあったんですけどやっぱり1回お会いしたかったとか1回ブログを読んでくださった方にこのように友だち追加してしまうことによってプッシュ通知ですね一斉配信でブログ更新しましたよーとかですね動画配信しましたよってことはできるたのは非常に大きかったと思っています。そして三番目ですね小冊子やセミナーの支払いで LINE Pay 決済ができるようになったのでこれによって LINE Pay の決済終了後の最後の画面とこで友だち追加ボタンが出るですよね。これによって決済してもらった人にも友だち追加してねって、ここポチッとしてねっていうですねお願いしてことができようなりました。さらには講演などの問い合わせを LINE で受け付けるボタンをホームページに設置しました。これは過去にもブログに書いてますけどやはりですねこの講演とかコンサルティングとかでこういう講習会とかの依頼は今までは電話とかメールフォームで受けたんですけどこに LINE でも受け付けられるよってボタンを設置したところですね LINE から問い合わせがくるようになったんですよね。ということでこれも非常に大きかったかなって気がしてます。あとここには書いてないんですけどメールの署名欄にも LINE のボタンつけることによってメールのやり取りもいいんだけど LINE でもやり取りしませんかっていう風にすると LINE に切り替えてくれるといいですねお互い楽チンだったりするんですよねあの既読管理があったりとかしてこのような形で LINE に誘導するっていう流れを作っていきました。これによってですねクーポンを配信するってことですねちょうど先月ですね LINE Pay 支払いリンクっていうものは始まったのでそれの500円クーポン配信したところですね小冊子がバカバカ売れるって事 これは LINE 公式アカウントと LINE Pay が連携するとこれ通販もできるなっていうことですね。ちょっと気づいたりもしました。こんな嬉しい体験をしましたね。特に今はなかなか講演に行けないとか会えないっていう中ですねこの小冊子の販売ができるって本当に嬉しかったですね。少しでもねやっぱり売上になりますからねそれはセミナーの教材なのですね見るビデオ教材ってものをインターネットの方で5000円とかで販売してるんですけどこういったものですね 販売開始しましたよみたいな告知を LINE で流すことによってですねリアルタイムでネット通販 EC に誘導することはできたということでまぁ今まではブログに書いてですねセミナーや教材をね今日から販売しますとかでやってたんだけどでもそもそもそのブログが読まれなければ売れない理由なんですがこのような LINE で濃くすることによってですねやっぱリアルタイムに届いててその人がポチッとしたらすぐ購入できますからねこれによってセミナー教材が売れるって言うのもやっぱこの中で非常に助かりましたね。やっぱりなかなかですねあのセミナーも出来なくなったり行けなくなったりするとね講演できませんからね助かったなと思っています。はいあとはですね、この友達に届く プッシュ配信っての行うんだけどその時にですねクイズを出したりしました例えばですね今日は長野県にいます明日は青森県に講演で行くんですけど長野と青森の共通項は何ですかみたいなね非常に簡単なクイズしてそれってリンゴですよねみたいな事に皆が気軽に質問ができるような雰囲気を作ったりとかあとは今の質問に対して答えて下さい皆さんプッシュ通知をご覧なったらすぐ返事を下さいとプッシュ通知が凄い事みんな会いたいんですとそれに対してみんながで返却返信遅れたらすねの先着何名様には何々をプレゼントとかですね抽選で何名様には何々はプレゼントみたいだね企画をやりまして特典へ誘導するみたいなことをしました何か自分の公式アカウントに参加してもらうような仕組みを作ったということがありますねこのようなことをやったりあとはタグ配信と言って県別に タグを付けたりとかブログを見たい人だけにタグをつけるとかもしくはですねなんかその自分の繋がってる人で個人的にねこれ教えてあげてもいいんじゃないのみたいなことを別のチャットで連絡を取るようなことを日々やったことによってですね気軽に返信できる場作りっていうものに成功しましたこれによってですね講演とかコンサルティングの依頼とかそんなんがチャットで気軽に来るという雰囲気になったんですねやっぱりコンサルティングって仕事ってのはやっぱりちょっとね敷居が高いとかお高いんじゃないのとかですねそういうのに騙されたら嫌だよみたいな雰囲気があるんですけどやっぱりこう1回お会いした方とか1回ブログを見てくださった方とか弊社のセミナーにして LINE Payで決済してくださった方などにですね気軽にこういう風に相談受け付けて今いる LINE でやり取りできるようなスタンプ送りあったりするような関係を作ることによって ちょっとねあのわからないことがあるんだけどとかですね相談してくれたり実はこないだ講演で聞かしていただいたものなんですけど実は自分たちが所属する団体でこんなことやろうと思ってるんですけどみたいなんですね話がくるようになりましたそして最後ですね LINE LIVE 等のライブ配信とかZoomでのリアルタイム性に効果って書きました。現在の大変な中でなかなかですねやっぱり来て皆ができない中で例えばライブ配信しますよーとかですねZoomを使ってリアルタイムに相談受け付けますよみたいなことするねそういう案内を流すとやっぱりんですね LINE だったらすぐ開いてくれてすぐ診てくれるみたいなことがありますからやっぱりこのリアルタイム性ってのはやっぱりね他にはないですよねこのようなことを繰り返していたことによって常にですねあの弊社としてもこのこの10年間ビジネスを成功できたんじゃないかなって風に思っています。まだこの LINE があって LINE 公式アカラインがLINE@から名前変わりましたけど LINE 公式アカウントになってそして LINE ブログとか LINE ライブとか LINE Pay とゆうとの LINE の関連サービスをどんどんね連携して事によってそれがですねうまく相乗効果ですね加速度的にビジネスが伸びたきっかけになったんじゃないかなって思っています。現在友達登録数は2161人っていうことで、まあまあな数が集まっていますから当然ですね有料のサービスの方ですねベーシックプランの方で今させていただいてるんですけど例えば2000人ぐらいの人に対して何かさっきのようなクイズですね長野と青森の共通項は何ですかみたいなことを聞いたらすね100人ぐらいの方からね返事が来たりとか例えばセミナーの教材販売するって言ったら販売開始するって言った瞬間ですねボコボコってこうね売れたりとか、こないだもクーポンはい 配信した時なんかは小冊子を販売したんですけどいきなりですね小冊子を販売しますって言ったらポコンポコンって10冊ぐらい売れたりとかですねこのようなんですね。こんなことができるってのはやっぱりすごいなーっていう風に思いますよね。ということで LINE さんには本当に感謝しかないんですけど、まぁ現在ですね LINE のユーザー数は8800万人ぐらいいましてもう完全にですねスマートフォン持ってる人には LINE が入ってるというインフラ状態になったわけですね。これは加速していくためにもこれをですねうまくです利用してく為にも LINE 公式アカウントを始めない手はないんじゃないかなって僕は持っています。全然今からでも遅くないし自分のお友達とか自分のお客様と繋がってですねそしてそこで商売していくってことですねこれからやっぱりですねその関係をもってね商売してる時には有効だと思うのでぜひ皆さんもですね活用して頂きたいなって風に思います。僕もねあの後改めて振り返ってみたら LINE のおかげだなーって。 本当思うんですよね LINE がなかったら本当に今苦しかったかなーって気に思いますのでぜひですね皆さんも LINE 公式アカウントですねもしくは LINE の関連サービスを始めてですねビジネスやって欲しいと思っています。今日はLINEについて振り返ってみました。イーンスパイアの横田でした。ありがとうございました。バイバイ!

noteでLINEの活用コンテスト #みんなのLINEビジネス
https://pages.linebiz.com/all-linebiz/
の応募フォームは以下となりますので2021年8月16日まで
https://www.linebiz.com/jp/all-linebiz/entry/
ぜひ申し込んでくださいね。ステキな賞品が当たるかもよ!!

LINE公式アカウントの集客や販促を学びたい方へ

先日にLINE公式アカウントを活用した
集客・販促ノウハウで3時間の講演した
冒頭15分を公開しました。ご覧ください。
https://youtu.be/7s5hElybDdI

LINE公式アカウントを活用した集客・販促ノウハウ

国内のLINEユーザー数が8800万人を突破した中、2019年4月に従来のLINEをビジネス活用できるサービスLINE@がLINE公式アカウントと統合されました。LINE@とLINE公式アカウントの違いは何か?LINE公式アカウントになって出来るようになったこととは?LINE公式アカウントをビジネスに活用する秘訣は?などLINE公式アカウントに関する集客や販促に関するノウハウを学べます。

LINE公式アカウントを活用した集客・販促ノウハウ

スマホ時代に激変したネットショップの集客と販促
・LINE公式アカウントとは?個人と違いは?
・LINEがメルマガや他のSNSより強力な理由
・LINE公式アカウント始める前やるべきこと
・LINEで友だちを増やす告知のテクニック術
・LINEのプッシュ通知にて効果的な投稿方法
・ネット通販、BtoB、営業でも有効な活用法
・ハッシュタグ可でタイムライン投稿も注目
・売上が2〜3倍になるLINEの問合せボタン
・LINE@で自動で交流しリピート客を育てる
・LINE公式アカウント以外に注目のサービス

今回は、当日のレジュメ88ページと
セミナー映像2時間53分をセットにし
Skypeコンサル1時間つきで販売。
https://yokotashurin.net/items/5d25384d4c80647b7332f6c5

★ご購入いただきますと、レジュメのダウンロード
ページが開きます。セミナー映像につきましては、
レジュメの表紙にYouTubeリンクを貼ってます。

★Skypeコンサルを希望される際は、以下より
希望日時を申請ください。改めて調整の連絡します。
https://yokotashurin.net/inquiry

以下の画像をクリックすると5000円(税込)で購入できます。
https://yokotashurin.net/items/5d25384d4c80647b7332f6c5

このセミナー2時間53分にも及ぶ映像は
ネットビジネス研究会のムービー会員(月々2990円)はフリー見放題です。
https://www.facebook.com/groups/enspire.be/permalink/2418413151585014/

LINE公式アカウントを活用した集客・販促の
ノウハウ満載のセミナーに関する講演依頼は
以下より、よろしくお願いします。
https://yokotashurin.com/request

今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓