スマホのスクショ13事例で考える新しいマーケティング手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで更新通知を受け取れます

スマホ普及により購買行動の変化を
宮城の東松山市商工会で講演した
イーンスパイアの横田です。
http://www.enspire.co.jp

さて、本題です。

「スマホのスクショ」について、首都圏100人の
女子大生にアンケートした結果が驚愕でした。
http://appmarketinglabo.net/mobile-screenshot/

ていうか僕自身も殆ど当てはまりました(笑)
http://www.slideshare.net/ShurinYokota/13-67801587



—2018.2.19追加—
Android版Googleアプリのベータ版にスクリーンショットの編集・共有機能が追加。撮ってすぐに共有が可能に
http://japanese.engadget.com/2018/02/19/android-google/

—2018.1.16追加—
スクショに便利なスマホ2台「Galaxy Feel SC-04J」と「AQUOS sense SH-01K」
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/minna/1101115.html

—2018.1.11追加—
メッセージが晒されない! スクショ撮影に新対策が登場
http://www.appbank.net/2018/01/11/iphone-application/1478727.php

—2017.11.24追加—
iOS11の「画面収録」機能は動画や音楽の著作権違反を助長する
https://yokotashurin.com/etc/screen-recording.html


詳しくは15分の動画で解説しました。
https://www.youtube.com/watch?v=8O4y9CQPRTQ

スクショの文化を考えておくと
新しいマーケティング手法が
出てくることが分かりますよね。

ブログ更新情報は受け取りたい方は
以下のボタンをクリックするだけ!


PC版Chrome及びFirefoxそして
Android OSのスマホに対応中。
https://enspire.app.push7.jp/
iPhoneの方は専用アプリを入れて
https://itunes.apple.com/jp/app/id1088673537
上記の「購読する」ボタンをタップで完了です。簡単ですよ。



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓