USTEAM PRODUSER PRO生配信の放送事故から学んだ事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨晩に色々と考えさせられる事件があった。

それは、ユーストリームを使ったネット生配信です。

お世話になっている、らーめん一生さんで
 http://katy.jp/ra-men/
オレンジラインの石井嵩之ソロライブを開催したんです。

前回も同じ内容でUST配信した事あるのですが
今回は、USTEAM PRODUSER
http://www.ustream.tv/producer
の有料版USTEAM PRODUSER PROを使って
カメラを2つにして放送する予定でした。

その模様は録画していて
 http://www.ustream.tv/recorded/6793281
のように、なかなか良い感じだったんです。

でも、ここで事件が起きた。

生で視聴くださっているお客様から
 「音が聞こえない」
というtwitterへのツイートが。。。

こちらでは生で音を聞いているし
PCから音を出すとハウリングするので
スピーカーの音を消していたんですよね。

気付かなかった。

ほんと申し訳ないです。

こんな模様も生でネット配信されている訳ですね。

テレビだったら、放送事故です。

大問題ですよね。

今回は前回よりも早く2時間前にスタジオ(ラーメン屋)入りして
準備していたにも関わらず、大チョンボです。

原因は分析中なのですが
どうやら新しくつけた2つめのカメラがマイク付きだったことか?

そこで、慌てて放送を止めて色々と試してみた。

USTEAM PRODUSERを使っての配信が初めてだったので
これを止めて、通常のUSTEAMからの配信に切り替えた。

そしたら今度は音が出るけど映像が出てこない。

画面は真っ暗、音だけが出ている。

これではラジオです(笑)

でも、映像が出て音が出ないより
映像が出ないで音が出る方がベター(泣)

今回は、なくなく映像なしで生配信したんです。

聞いて下さった皆様ありがとうございました。

ここで私が学んだ事。

もちろんユーストリームの配信については言うまでも無いが
それ以上に大事な事。

お客様がリアルタイムでWEBの目の前にいるっていうこと。

HPやブログ、メルマガではアクセス解析やレスポンスなどで
お客様を実感する事が出来る。

でもリアルタイムでは無いんですよね。

このユーストリームを使うと画面上にリアルタイムに
視聴者数が表示され、リアルタイムに書き込みされる。

今までは平気で昼間にHPを更新して、
入力ミスなどを見つけて平気で直したりしていた。

その瞬間にお客様がみているっていう意識が薄れていました。

本当に反省すべき事です。

今回は改めて目の前に生で、お客様がいらっしゃることを感じ
今まで以上に誠意を持って接しないといけないなって痛感しました。

ライブの後、懇親会があったんだけど
酔う気にもならず、ずっと反省していました。

店内にいらしてくださった20名近いお客様にも告知していたんです。

これからネットを通して世界中に
オレンジライン石井嵩之をライブで配信する。

さらに録画するので、後から見ることも出来るよって。

ファンの皆さんは喜んで下さったし、
オレンジラインの石井嵩之さんも期待して下さっていた。

本当に申し訳ございませんでした。

プロ根性が足らなかったと反省しています。

またリベンジしたいと思います。

拙い放送を見て下さった皆様ありがとうございました。
改めて分析し、万全を期して、放送したいと思います。

是非ご期待下さい。

今後とも宜しくお願い致します。



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓