MENU

LINE公式アカウント友だち登録はこちら↓

友だち追加数
ブログ毎日更新中
過去に投稿した記事

セミナー&講演テーマ

YouTube USTREAM 動画販促術
ソーシャルメディア活用術
ホームページ成功事例100連発
最新のSEO対策
初めてのIT販促

その他の業務

コンサルティング
ネットビジネス研究会
教材の販売
マスコミ取材実績
執筆実績
私たちも横田氏を推薦します

知育玩具の決定版!知育かるた「越後ふるさとカルタ」

  • URLをコピーしました!

知育玩具の決定版!知育かるた「越後ふるさとカルタ」
-知育玩具の決定版!知育かるた「越後ふるさとカルタ」ウチにも4歳の子供がいるのですが、教育パパ(笑)としては
いかに色んな事を教えるかも常々考えている訳です。

そんな方に向いているキーワードが「知育玩具」。
こんなキーワードなんて、子供が生まれるまでに考えたこと無いです。
不思議ですよね。ターゲットが絞られているキーワードです。

Googleのキーワードツールで調べると
 https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal
知育玩具のキーワード検索数は月間で8100回。

まあまあだと思います。1万回前後ですしね。

それよりも、この言葉を検索する人は単価を気にしないで
本当に子供の為に良い物を買う気がするんですよね?

一人っ子が多い世の中では、7ポケットと呼ばれています。
子供は7つの財布を持っているというもの。

自分の両親と、母方の両親に、父方の両親、そして自分の7つです。
そのくらい一人の子供にお金をかけて教育するそうです。

そんな状況で「知育玩具」と検索する親と言えば???

面白いキーワードですよね?

ちなみにGoogle「知育玩具」1位のAmazon知育玩具では
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/13321671/
次のようなカテゴリ分けがされています。

おもちゃ
 パズル
 おもちゃ
 勉強
 楽器・音楽
 知育かるた
 その他

ブロック
 レゴ
 ダイヤブロック
 メガブロック
 ニューブロック
 ベビーブロック
 その他
 >ブロック へ

木のおもちゃ
 積み木
 押し車積み木
 引き車積み木
 ミッキーマウス
 ミニーマウス
 くまのプーさん
 ミッフィー
 ハローキティ
 アンパンマン
 NHKキャラクター
 スタジオジブリ
 スヌーピー
 HEROS
 BRIO
 押し車
 プルトイ
 その他
 >木のおもちゃ へ

電子玩具
 キッズパソコン
 Beena(ビーナ)
 あいうえお
 その他
 >電子玩具 へ

Yahooでは
 トップ>ビジネスと経済>ショッピングとサービス>おもちゃ>知育玩具
というカテゴリがあり、登録サイトが並んでいます。

楽天でも、「おもちゃ・ホビー・ゲーム」のカテゴリの中に
 http://www.rakuten.co.jp/category/hobby/
知育玩具があり、次のようなカテゴリで分類されています。

【年齢で探す】
 0歳ごろ
 1歳ごろ
 2歳ごろ
 3歳ごろ
 4歳ごろ
 5歳ごろ
 6歳ごろ

【興味のあることで探す】
 おえかき
 楽器
 パズル
 布
 木
 積木
 LEGO
 ねんど
 算数
 お風呂
 地球儀
 えほん

【メーカー・ブランドで探す】
 babal(ババル)
 baby einstein(ベイビー・アインシュタイン)
 Bilibo(ビリボ)
 Boikido(ボイキド)
 BorneLund(ボーネルンド)
 BRIO(ブリオ)
 Combi(コンビ)
 Ed・Inter(エド・インター)
 Fisher-Price(フィッシャープライス)
 HABA(ハバ)
 Mamas&Papas(ママス&パパス)
 neaf(ネフ)
 Plantoys(プラントイ)
 Recolo(レコロ)
 Sassy(サッシー)
 TAFTOYS(タフトイズ)
 TINY LOVE(タイニーラブ)
 TOMY(トミー)
 Trousselier(トラセリア)
 Wonderworld(ワンダーワールド) )

【ジャンルで探す】
英語
かず・計算
パズル
文字・ことば
リズム・音楽
お絵かき・工作
ブロック
積み木
その他

ここで何を言いたいかというと、
「知育玩具」と検索する人は何を買おうか決めていない。

つまりウォンツは高いけど、ニーズは低いんです。
なので、とりあえず知育玩具と検索したり、カテゴリを辿ったりします。

だからこそ大事なのが導線です。
*ウォンツが高い人のニーズを汲み上げるような誘導が出来るか?
*つまりクリックしそうなカテゴリ名や分類名のキーワードを用意できるか?
がポイントです。

私が、Yahooと楽天とAmazonを見た中で反応したのがAmazonでした。
なぜなら「知育かるた」と書いてあったからです。

つまりGoogleで「知育玩具」と検索してAmazonに来たのに
ここで更にカテゴリ名で「知育かるた」という風に”知育”と書いてある。

そこに反応してしまった訳です(親バカですね。。。笑)

知育という所に鍵があったんですね。
その「知育かるた」の中にあった「越後ふるさとカルタ」に惹かれました。

あわせて読みたい

50音のカルタで、新潟に関わる全ての出来事がカルタに載っています。
平成7年に1度だけ生産された絶版品で、今は売っていない貴重物で
平成20年現在、今のところ復刻、増刷の予定は無いそうです。

「越後ふるさとカルタ」は。。。
長い歴史と豊かな自然、四季の変化は
雪国独特の文化、風物、伝承、特産、偉人などを生み、
そして越後人ならではの人情、気質を育んできました。

子供との遊びを通して、これらの事柄にふれ、
ふるさとを大切にする心を養い、
未来にはばたく新しい越後人としての成長を願う心を
こめて作られたのがこのカルタです。

読み札の裏面にはすべて、読み札の解説がわかりやすく記載されております。

2000円もするカルタなのですが、新潟に住む私は速攻で買ってしまう。
この辺りの消費者の気持ちをAmazonは分かってますね。

何故かというと、オーバーチュアでもアドワーズでも広告を出しています。

Yahooで「知育カルタ」や「知育かるた」で検索しても
Googleで「知育カルタ」や「知育かるた」で検索しても
キーワード広告が出るのはAmazonだけです。

Amazonは売れないキーワードには、広告を出していません。
したがってAmazonがPPC広告を出しているキーワードは要チェックです。

今回は、ウォンツ商材のニーズを高めるカテゴリ・分類名の
キーワードの見つけ方について書いてみました。

楽天さんやYahooショッピングさんが気付くのは、いつの日か?
是非、チェックしてみて下さいね。

*楽天は楽天なりに懸命にカテゴリ名や導線を考えているはずだし
*Yahooカテゴリも満足するサイトを紹介できるよう考えているはずです。

*多くの人が訪れるサイトは、それなりのマーケッターが考えているはず!

そこから盗み取りましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

横田 秀珠のアバター 横田 秀珠 (新潟)公立長岡造形大学 情報リテラシー論 講師

ネットビジネス・アナリスト。未経験のIT企業に就職し、たった3年で独立し、2007年にITコンサルタント会社のイーンスパイア(株)を設立し現在に至る。All About ProFile全専門家で全国1位のコラム評価を獲得した実績を持つ。全国で年間200回を超える講演も行う。