#note まとめ:コンサルタントによるセミナー講演講師ネタ帳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石川県の金沢商工会議所で
働き方改革セミナーして来た
イーンスパイアの横田です。
http://www.enspire.co.jp

さて、本題です。

noteのテキスト記事に埋め込み出来るサービス一覧
https://help.note.com/hc/ja/articles/360019596133

ようやく少し目が出て来たnoteは
https://note.mu/enspire
まだまだ成長途中でありますけど、
note月間アクティブユーザー数が
1,000万人まで伸びて来ました。

そこで、noteのニュースやノウハウを
この記事に随時追記していきますので、
ブックマークしておいてね。

2021.7.20
「バーチャルマーケット」主催HIKKY、noteと提携 VRクリエイター支援へ
https://kai-you.net/article/80956

2021.7.9
note、BASE、UUUMら7社、「クリエイターエコノミー協会」を設立
https://japan.cnet.com/article/35173612/

2021.7.6
noteの加藤CEO「仕事を通じて『欲しい未来』を作る」
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00298/063000015/

2021.6.29
noteが企業や団体の依頼でクリエイターがコンテンツを制作する際のガイドライン公開
https://webtan.impress.co.jp/n/2021/06/29/40750

2021.5.25
note、スクリーンリーダー利用時にも絞り込み検索やチェックボックスの操作など可能に
https://ascii.jp/elem/000/004/056/4056281/

2021.5.13
デジタル庁創設にむけ、内閣官房IT総合戦略室がnoteを開設
https://note.jp/n/nf0c6e121b172

2021.5.13
企業のメディア運営を戦略から支援するnote proマーケティングパートナーを発足。SCALE Powered by PR、STEKKEY、トライバルメディアハウスが参加しました
https://note.jp/n/n7ffe821d0615

2021.5.6
記事を購入するときに会員登録不要ですぐにクレジットカード入力ができてしまうため「不正入手されたクレジットカードの有効性確認」にnoteが悪用されているらしい
https://togetter.com/li/1710225

2021.4.30
ライブドアブログ公式ブログ史上最高記録を更新!「まめきちまめこニートの日常」が月間7,000万PVを達成、さらには月間累計読者数も1,000万人を突破!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003024.000001594.html

2021.4.7
note、博報堂とブランディング⽀援で提携 サービス開始7周年で急成長
https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/note

2021.4.7
noteサービス開始7周年、インフォグラフィックを公開、ユーザー数は約380万人
https://newscast.jp/news/4894625

2021.4.7
note、「ページレイアウト機能」「noteクリエイター間のDM機能」「エディタ強化」「インポート/エクスポート」などに対応へ
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1317032.html

2021.4.7
note、DM機能を搭載へ 個別に報酬を支払える仕組みも
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2104/07/news094.html

2021.4.5
noteの記事に、スポットコンサルプラットフォーム「ビザスク」、カンタン転職サービス「bosyu Jobs」、登山アプリ「YAMAP」、イベントプラットフォーム「EventRegist」、音声コンテンツ「popIn Wave」、音声配信/オーディオブック「himalaya」、アンケートフォーム作成サービス「formcats」、フリーゲーム投稿サイト「unityroom」の新しく8サービスを埋め込み可能へ
https://note.com/info/n/n09a972549301

201.4.5
note、クリエイターごとに、過去の記事をキーワード検索できるようになりました!
https://note.com/info/n/n216550eab71e

201.4.1
お店やブランドをファンにアピールしやすくなりました。ECサイトとnoteをつなげましょう!
https://note.com/info/n/n0a63440d964e

2021.4.1
次にやることがわかる「note活用ガイド」を公開しました!
https://note.com/info/n/n1574843acb3c

2021.3.31
世界の名画を、noteの見出し画像にできるようになりました
https://note.com/info/n/n83664cb32518

2021.3.25
noteのiOSアプリから、FacebookとInstagramのストーリーズに記事を紹介できるようになりました!
https://note.com/info/n/n91cf59665a01

2021.3.16
定期購読マガジンが読者にとどきやすくなるように、お知らせの方法をみなおしました
https://note.com/info/n/n3584bc39521b

2021.3.4
noteからのお知らせをまとめて見られるようになりました
https://note.com/info/n/n8ccad892bd13

2021.3.1
noteの新機能「カテゴリフォロー」で、読みたいジャンルの記事をタイムラインにあつめられます
https://note.com/info/n/ncbc31397a9e9

2021.3.1
2月のカイゼン施策まとめ。お礼の種類やバッジがふえる、通知タブ、アプリアップデートなど
https://note.com/info/n/n82d7ff3c2d71

2021.2.24
スマホで見出し画像を「えらぶ&つくる」選択肢がふえました!
https://note.com/info/n/n035f46f7e373

2021.2.1
12、1月のカイゼン施策まとめ。iPad対応、見出し画像簡単作成、noteをまなぶページ開設、など
https://note.com/info/n/nd55e9d6c4d14

2021.1.19
PC版noteのタイムラインが新デザインに変わり、記事を一覧で見やすくなります
https://note.com/info/n/nb8d3b52b9de2

2021.1.18
noteアプリが「iPad」に対応!創作がもっと気軽に、もっと楽しくなります
https://note.com/info/n/n30997ddc7d62

2021.1.3
累計130万ショップを超える「BASE」加盟店が会員登録数260万人以上の「note」でショッピング活用(「note for shopping」機能、ストア機能)が増加
https://netshop.impress.co.jp/node/8351

2021.1.12
BASE、メディアプラットフォームを運営するnoteと資本業務提携を締結
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000063.000030814.html

2021.1.6
NHKの公式note開始は“成り行きの未来”との決別になるか
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2012/31/news012.html

2020.12.23
note、Facebookの投稿を、noteに埋め込めるようになりました
https://note.com/info/n/n711982cb162a

2020.12.10
文芸春秋、noteと資本業務提携 社員交流も
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2012/10/news093.html

2020.11.18
note、記事の中でお気に入りの箇所を引用して、かんたんにシェアできるようになりました
https://note.com/info/n/nd5cc4b743ee7

2020.9.30
note、IPアドレス漏えい問題の調査を完了 再発防止策で「セキュリティ上問題ない状態に改善した」
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/30/news146.html

2020.9.7
note、18歳以上向けコンテンツで年齢確認 「安心して利用できる場に」
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/03/news146.html

2020.8.28
ネットを荒らす魔物の正体 「まとめ職人」の限界と「note」の急成長
https://withnews.jp/article/f0200828001qq000000000000000W00810701qq000021623A

2020.8.20
都が「note」に公式アカウント 職員が5G政策をPR
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/20/news125.html

2020.8.18
コンテンツ発信サービス「note」、14日に一時的にIPアドレスがソースコードから閲覧できる不具合
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1271063.html

2020.8.12
27歳会社役員が「note」フォロワー5000人に。続けるための活用術を聞く
https://bizspa.jp/post-334506/2/

2020.8.8
「note」利用者の約9割が課金経験あり!では、その平均課金額は?
https://dime.jp/genre/961137/

2020.6.23
noteの5月の月間アクティブユーザー(MAU)が6300万を突破し、この3カ月で3割増
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2006/23/news126.html

2020.6.10
note、クラウドファンディングのプロジェクト紹介を簡単に 概要や進捗をカードで表示
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2006/10/news139.html

2020.6.4
note、コメント前に確認画面を表示 感情的なコメントを削減へ
https://ampmedia.jp/2020/06/04/note-14/

2020.4.23
「note」利用者の約9割に、課金経験 「note」「LINE BLOG」「はてなブログ」「アメーバブログ」「ライブドアブログ」「FC2ブログ」の利用状況
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000447.000007597.html

2020.4.1
株式会社ピースオブケイクは社名をnote株式会社に変更
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2004/07/news103.html

2020.3.30
noteの月間アクティブユーザー数は2020年3月時点で4400万人
https://note.jp/n/n3a9943154b8a

2020.3.27
noteに商品を一覧表示できる「ストア」機能にBASEとiichiが連携しiichi/STORES/BASE/minne/MUUUの5社へ
https://note.jp/n/n14e260956074

2020.3.10
note、利用規約改定 売上公開で購入を煽る行為を禁止
https://amp.review/2020/03/10/note-5/

2020.2.27
note、「ストア機能」を提供開始–クリエイターがECで販売する自身の商品を紹介可能に
https://japan.cnet.com/article/35149893/

2020.2.12
note、月額課金のコミュニティが作れる「サークル」機能
https://www.pieceofcake.co.jp/n/n967dd54f96c2

2020.1.4
note時代のブログの位置づけについて
https://note.com/mehori/n/n82061a99e63a

2019.12.17
note、月額課金のコミュニティが作れる「サークル機能」を2020年2月に提供へ
https://japan.cnet.com/article/35146985/

2019.12.11
note、「ストア連携機能」を開発  ECで販売する商品を「ストア」タブに一覧で掲載
https://markezine.jp/article/detail/32566

2019.11.27
ピースオブケイク、noteのドメインを「note.mu」から「note.com」へ
https://webtan.impress.co.jp/n/2019/11/26/34671

2019.11.20
「note」上でECの商品を表示、「note for shopping」にフューチャーショップが対応
https://netshop.impress.co.jp/node/6916

2019.11.13
「note」に返金機能 記事購入から24時間以内の申請で
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/13/news140.html

2019.11.7
大正12年創刊の「文藝春秋」が初のデジタル定期購読版をnote上でスタート
https://jp.techcrunch.com/2019/11/07/bunshun-digital/

2019.11.6
11/25(月)に note のサービスURLを note.com へ移行します
https://note.mu/info/n/ne68f31553253

2019.10.2
noteの月間アクティブユーザーが2000万人を突破しました―8ヶ月で利用者が倍増
https://www.pieceofcake.co.jp/n/n5d13178ee40a

2019.7.12
YouTuber事務所のUUUM、「note」運営元と資本業務提携 “書き手”のサポートも開始
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/12/news133.html

2019.7.10
TikTok動画をnoteの記事に埋め込める機能をnote内に実装
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000087.000030435.html

2019.6.6
noteに求人情報の埋め込み機能が追加、採用用途での利用促進へ
https://jp.techcrunch.com/2019/06/06/note-hr-new-release/

2019.5.22
note、ソーシャルプラグイン「noteで書く」ボタンを日本経済新聞電子版(PC)に初実装
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000039924.html

2019.3.26
note急成長の舞台裏と.com .jpドメイン取得の経緯を聞いてきたよ(第3回・最終回)
https://irnote.com/n/ne9598c0d4c1d

2019.3.19
【noteカイゼン】 Google フォーム、Googleスライドが埋め込めるようになりました
https://note.mu/info/n/n37207e3ac0e5?creator_urlname=info

2019.3.15
noteが「note pro for HR」で採用領域に進出、“noteに書くと良いことが起こる”体験の拡大目指
https://jp.techcrunch.com/2019/03/15/note-pro-for-hr/

2019.3.13
法人向け「note pro」本格スタート 独自ドメインのオウンドメディア構築、課金システムも使える
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/13/news121.html

2019.3.12
【noteカイゼン】 Apple MusicとSpotifyが埋め込めるようになりました
https://note.mu/info/n/n3a413deb380e?creator_urlname=info

2019.3.11
「noteが成長している」と煽るのは(いい意味で)やめてほしい
https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/13218350.html

2019.3.7
【noteカイゼン】「はじめてのnoteガイド」を公開しました
https://note.mu/info/n/n2c22829c28c0?creator_urlname=info

2019.2.28
【noteカイゼン】noteでファイルのアップロードが可能に PDFやWord、パワポも共有
https://note.mu/info/n/n0362e8c94e5f?creator_urlname=info

2019.2.1
note.muからnote.jpやnote.com にドメイン引越しを計画
https://note.mu/fladdict/n/n753c143ec3df

2019.2.1
noteの月間アクティブユーザー数が1,000万人、noteの会員登録者数も100万人へ
https://www.pieceofcake.co.jp/n/n79922877d67f

2019.1.24
【noteカイゼン】公開中の記事を、下書きに戻せるようになりました
https://note.mu/info/n/na2ccfc03c7f9?creator_urlname=info

2019.1.17
note、PV、UUともに1年間で約2倍に 検索流入この1年間で約4倍に
https://note.mu/info/n/nee994fa3e5ec?creator_urlname=info

2018.10.25
note、スマホのブラウザで(iPadなどのタブレットでも)記事が書けるように
https://note.mu/info/n/n279035bc725a?creator_urlname=info

2018.9.10
note記事内でECの商品を表示できる機能「note for shopping」をECプラットフォーム5サービス(カラーミーショップ、SUZURI、STORES.jp、BASE、minne)と提携し提供を開始
https://note.com/info/n/n2c3abf909a0d

2018.6.25
noteの「中の人」が明かす知られざる裏側
https://toyokeizai.net/articles/-/225241

—2018.1.9追加—
noteの2018年のデザイン戦略について
https://note.mu/fladdict/n/nd335e638dbaa
DAUが増加トレンドになりました
あわせて12月は、DAUで最大記録となりました。
(薄いグラフの方が30日DAUです。
Google Trendの30日継続読みにくいですね)。
継続率が1.75倍になりました
1週〜4週の継続率が、8月時と比べておよそ1.75倍となりました。
現状は安定して維持されています。
投稿数が1.5倍になりました
noteのデイリー投稿数が、以前と比べて平均1.5倍程度に増加しました。
現状は少し落ち着きましたが、引き続き増加傾向にあります。
最大流通額を達成しました
12月のnoteの流通額が最大記録を達成したようです。
Twitterトレンドに1日、2記事がピックアップされました
11月のシェアブースター実装から、
Twitterでのシェア率が増加をしております。
たまにnoteの記事がTwitterトレンドに出るようになって来ました。
ソーシャル流入の推移。
はてブホットエントリ掲載率がアップしました
肌感覚ではデイリーで平均1◇2記事が、
ホットエントリーにランクインしているようです。
また複数のエントリーが同時にホットエントリー入りすることが増えました。

—2016.3.1追加—
「noteを始めたい人」の活用方法は?ピースオブケイクに聞く、現在の盛り上がりと今後の展開
http://www.sensors.jp/post/note_kato.html

—2014.6.19追加—
くるりがレア音源を「note」配信開始、1997年録音「青春時代のひとコマ」
http://www.cinra.net/news/20140619-quruli

–2014.5.9追加—
ピースオブケイクCEO 加藤貞顕さんに聞いてみた
メディアプラットフォーム「note」の作り方(前編)
http://ascii.jp/elem/000/000/890/890945/

–2014.5.8追加—
noteが開始1カ月にて、2000万ページビュー(PV)、
100万ユニークユーザー(UU)を達成した。
http://www.pieceofcake.co.jp/1110/note0508

–2014.5.8追加—
note勉強会動画
https://www.youtube.com/watch?v=_Qt_ScF7RRw

–2014.4.21追加–
いつでも手のひらにnoteを。iPhoneとAndroidのアプリをリリースしました。
iOS ⇒ https://itunes.apple.com/jp/app/id906581110?mt=8
Android ⇒ https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.note

–2014.4.7追加—
個人向けのメディアプラットフォームnoteがオープン
https://note.mu/
noteは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、
クリエイターとユーザーをつなぐことができる、
まったく新しいタイプのウェブサービスです。

つくった作品(ノート)は、通常のブログやSNSなどと
同様に無料で公開することができます。

そして、ユーザー間で売買することも可能です。

クリエイター側から見たnoteは、日常の活動報告、
ファンとのコミュニケーション、作品づくり、
そしてビジネスまで、すべてのクリエイティブ活動が
ワンストップで実行できる場所となります。

あらゆる分野のクリエイターの、
いちばん基本的な活動の場所となることを目指しています。

■ noteサイトURL
http://note.mu

■ noteでできること

5つのノート

トークノート:フォロワーたちと楽しく会話をするためのノートです。
       短文テキストと画像が投稿できます。

イメージノート:写真やイラストを手軽に投稿するためのノートです。
        無料で公開するだけでなく、販売も可能です。

テキストノート:これ以上なくかんたんに使用できるエディタを使って、
        美しい記事を作成できます。ブログとして無料でお使い
        いただくことも、記事を販売することも可能です。

サウンドノート:オリジナルの音楽を、手軽に多くの人に公開できるノートです。
        無料で公開することも、販売することも可能です。

ムービーノート:動画を投稿するために使います。
        YouTubeやVimeoなどと手軽に連携できます。
        (動画の販売機能は現在のところ準備中です)

詳しくは15分の動画で解説しました。
https://www.youtube.com/watch?v=8RbbDzbnmsI

とりあえずアカウントあります(笑)↓
https://note.mu/enspire

最後にnote(ノート)に関する講演依頼も
以下のフォームより宜しくお願い致します。
↓↓↓
https://yokotashurin.com/request

今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓