ポジショニングをマーケティング視点でマトリックス化する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなことばかり考えている私が
この世で一番腹黒いと思ってしまう
イーンスパイアの横田です。
http://www.enspire.co.jp

20111227_1501

今回はメルマガで公開したノウハウですが
ブログに書いてくれた方がいます↓
http://siroari.blog.so-net.ne.jp/2010-08-10

まだ僕はブログ化していなかったのですが
以前にブログでも書いていました(汗)
http://enspire.cocolog-nifty.com/blog/4person.html

そして今回、初めてコンテンツ化しましたよ。

例えば、頑固親父のラーメン屋を
思い出して下さい。

客がなんて言おうと
俺が旨いと言えば旨いんだと言い切り
流行っている店もありますよね。

商品が大した事無いのに
なんだか上手に宣伝して
儲けている会社だってあります。

ほんとにお客様の事を思っていたら
全く儲からないって人もいます。

そこで私は、こんなマトリックスを考えてみたんです。

0

皆様が、この4つのポジションの中で
どこに重心を置いているか?
力を入れているか?って考えてみて下さい。

そして、そのポジションにいる方って
一般的に何て呼ばれていると思いますか?

さっきの頑固親父は右下になります。

商品やサービスには力を入れているけど
お客様というよりは自分側を大事にしている。

こういう人たちを一般的に職人と呼びます。

1

どんな業種でも商品作りにおいて
徹底的に突き詰める必要あるんですよね。

アップルの代表でもあるジョブスは
実は職人というポジションにいます。

商品作りにリサーチなど必要ない。
自分が良いと思った物を作れば良い。

と彼は言っています。

でも、それで成功する人もいれば
失敗する人もいますよね?

そこで考えてほしいのが右上の人です。

ワインで考えると分かりやすいかな?

右下はワイン職人です。

となると右上は誰か?

お客様も大事にしながら
商品も大事にして紹介する人。

そうです。

ソムリエっていう方々です。

2

ここで思い描いてほしいんですが
ワインのソムリエで成功している人って
日本で何人いますか?

田崎信也さんは有名ですが
それ以外で思いつく人いますか?

ソムリエって方は
どうやって儲けていると思います?

一部の人を除いて
あまり儲かりそうにない仕事ですよね?

そりゃそうですよね。
自分側でも、お金側でも無い
ポジションにいますから。

だけど、お客様には大人気です。

お客様の味方みたいな人なのですが
儲けるのは難しいんですよね。

では、左下は分かりますか?

お金も大事だし、自分も大事。

商品はどうでもよくて
とにかく儲かれば良いっていう人。

分かりやすい例えではホリエモンです。

彼は、お客様を大事に思ったり
誰よりも凄い商品やサービスを考えたり
ということより儲けを考えますよね?(笑)

でも売れると分かったら
そこに投資をすれば
儲ける事が出来るんですよね。

私の周りにもいます。

一種のセンスとか勘なんですが
イケルと思ったら、お金を掛けたり
外注したりという行動できる人。

このタイプが実は結果を最も出すんですよね。

一般的な呼び方では投資家とか実業家と呼びます。

3

どんな優れたワインを職人が作っても
それを売り出すお金が無いと売れないし
お客様を思っていたら利益が取れません。

では、残った最後の1つ。

左上は誰だと思いますか?

お客様を思いながらも
商品は大した事ない人です。

分かりやすく言えば
三流メーカーなのに
バリバリ売っている営業マンです。

こういう人っていますよね?

この方は、商品を売っているのではなくて
自分を売っている訳ですよね?

あなたから買うって言わせたら勝ちって人です。

こんな人たちの事をカリスマって呼びます。

4

カリスマ店員って人ですね。

カリスマは個性を売らないといけない訳です。

でも、こんなカリスマ店員も
もっと売上を増やすには
もっと良い商品があれば売れますよね?

もっと良い商品を選別できる
ソムリエのような人がいれば
もっと売れますよね?

更には、お金を投資して
支店を増やしたり
大量に仕入れたりしたら更に儲かりますよね?

それぞれのポジションは
それぞれの役目を果たしながらも
もっと儲かるには全部の人が必要なんです。

さらに言えば、そうゆう人たちを上手に配置したり
上手に儲かる仕組みを考える人も必要です。

実は、5番目の人が必要なんですね。

それが中心に居る
マーケッターと呼ばれる人です。

5

一般的には私のようなコンサルタントが
このポジションにいるんですね。

自分のポジションを相手によって
自由自在に動かす事も出来ます。

ということで、まとめると

6

となるんですね。

これ私が考えた理論です。

自分が、どのポジションかを明確にし
他のポジショニングの人と協力する。

自分が、何処に向いているかは
楽しかったりワクワクする場所
だと思いますよ。

詳しくは本日12時から放送した
「笑ってユースト!」の中でも話しています。
http://www.ustream.tv/channel/enspire

実際には1時間10分の放送でしたが
その中の15分をアップしましたので
見て下さいね。
https://www.youtube.com/watch?v=wvVLYcoKifs



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓