「健全な携帯サイトに認定されるかどうか」の死活問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイトの健全性が保たれず、事件が起きて問題になっていました。

そこで、健全な携帯サイトを認定する
 民間機関・モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)http://www.ema.or.jp
という組織が判断し、各携帯会社がその審査に従うことになっています。

なので、EMAが健全サイトに認定しなかった場合
携帯各社のサイトでは、青少年向けのフィルタリングにより
来年2009年1月または2月から利用できなくなります。

女子高校生を中心に10代に人気のサイト「モバゲータウン」は
 http://mbga.jp/
初回の認定では通らず、今回の認定でOKとなった訳です。

新潟に大きな健全サイトをチェックする会社を作ったことでも
「モバゲータウン」を運営する(株)ディー・エヌ・エーは話題です。
24時間体制で、携帯サイトの健全性をチェックするなんて
本当に大変な仕事ですね。

このような携帯サイトは、いわゆるWeb2.0的な要素が満載で
誰もが無料で参加できたり、お互いに情報を交換できたりします。

人が集まるサイトは、サイトとしても成長します。
人が集まるサイトには、広告を出す業者が殺到します。

その広告収入で成り立っているケースが多いですね。

逆に言うと、広告収入で成り立っていれば成り立っているほど
そのサイトの情報は青少年への影響も多い訳で
今回のフィルター制度が導入されます。

この認定に通らないと、携帯サイトの死活問題にも成りかねない
サイト管理会社としては大変な問題です。

現在、認定を受けているのは以下の携帯サイトです。

8月28日付け認定サイト(事業者名)及びURL

 大集合NEO(株式会社オープンドア) http://dsneo.jp
 
 gumi(株式会社gumi) http://gu3.jp

 GREE(グリー株式会社) http://gree.jp

 MySpace モバイル(マイスペース株式会社) http://m.myspace.co.jp

 魔法のi らんど(株式会社魔法のi らんど) http://ip.tosp.co.jp

9月16日付け認定サイト及び事業者名(商号)

 en 高校生(エン・ジャパン株式会社) http://hs.en-japan.com

 モバゲータウン(株式会社ディー・エヌ・エー) http://mbga.jp

今後、月2回のペースで認定サイトを発表しており、
次の認定サイト発表は9月下旬です。

来年の春までに認定されるサイトに注目しましょう!!

今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓