スーパー戦隊と仮面ライダーに見るキーワード戦略分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今年もスーパー戦隊シリーズを占ってみよう。

昨年も
 「Google Insights for Search」でスーパー戦隊を占う
 http://yokotashurin.com/etc/super-sentai.html
に紹介して好評だったコラムです。

毎年、新しい企画で始まっている訳ですが
元祖は、ご存じゴレンジャー。

そこから始まって、ここ数年の中でも
 2005年 魔法戦隊マジレンジャー
 2006年 轟轟戦隊ボウケンジャー
 2007年 獣拳戦隊ゲキレンジャー
 2008年 炎神戦隊ゴーオンジャー
 2009年 侍戦隊シンケンジャー
と続いています。

そして今年は
 2010年 天装戦隊ゴセイジャー
です。
公式サイトは
 http://www.tv-asahi.co.jp/gosei/
です。

 
さて、ここでいつものツールで調べてみますね。
Googleトレンドという検索数の推移を調べるサイトで
 http://www.google.com/trends/
ここ数年のキーワードで分析してみた結果です。
http://j.mp/bHoNf4

まずは、一昨年のゴーオンジャー。
今までは放送が始まる2月で検索数がピークとなり
後は放送終了まで下がっていたんです。

ところが、ゴーオンジャーは右肩上がりです。
放送終了の直前になっても検索数は落ちていない。

面白いのが放送日の日曜日に検索数が盛り上がっています。
分かりやすいですね(笑)

で、昨年のシンケンジャー。
ちょっと面白い動きがあります。

検索数は2月に盛り上がった後に
8月で更に盛り上がった後に急降下。

その原因は??

後で書きますね。

そして、今年のゴセイジャー。

今のところ2月の放送開始のロケットダッシュは
ここ数年で最も出足が鈍いようですね。

放送を御覧になった方は理由も分かるかと思います。

さて、では何故、昨年の8月でシンケンジャーが
急降下したのかというと、中身が悪かった訳ではない。

敵は外にいる訳ですね。
それは、仮面ライダーWです。

仮面ライダーシリーズはスーパー戦隊シリーズより
一足先の1月に始まり、翌年の1月に終わるんですが
昨年から変更になったんですね。

検索数の推移は
http://j.mp/cMRRow

2009年の1月から8月までは仮面ライダーディケイドを挟み
代わりに9月から仮面ライダーWをスタートさせました。

今までは仮面ライダーとスーパー戦隊は
開始と終了が重なる上にターゲットも幼稚園の男児と
一緒なので、取り合いになってしまうんですよね。

そこで、スーパー戦隊シリーズの人気が下がる1年の後半に
仮面ライダーシリーズを始めて、幼児の気持を奪ってしまおうと(笑)
これには親も参りました。

今までスーパー戦隊のオモチャを買わされた親は
仮面ライダーWの開始と共に子供が鞍替えしてしまうんです。

折角、集めたスーパー戦隊のオモチャは蚊帳の外で
仮面ライダーWのオモチャを買って、と言われるんですね。
ライバルと同じ事はしない。

戦略としては正しいですね。
ライバルと商品の販売時期をずらすことは大事です。

ジャニーズのカレンダーも4月スタートですよね。

あと、面白いのが仮面ライダーの検索数の推移です。
http://j.mp/a5EsbJ

仮面ライダーの後に、ディケイドとかWとか付く訳ですが
検索数としては圧倒的に「仮面ライダー」なんです。

この辺りはブランディング出来ていますよね。

間違っても、スーパー戦隊とは検索しないことは
調べてみたら明らかです。
http://j.mp/d8rN4J

子供の世界でも当たり前ですがマーケティングがあります。
あなたの身近にも同じような事例ありませんか?

最先端のノウハウはTwitterをフォローしてね。
http://twitter.com/enspire_co_jp


Google+サークルに追加してね(笑)
https://plus.google.com/+ShurinYokota/

Facebookページもヨロシクね(汗)
https://www.facebook.com/enspire.co.jp

YouTubeのチャンネル登録が1クリックで!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=ShurinYokota



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓