消費者へ売れるか売れないか?秘訣は「目の奪い合い」である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わんこそば150杯を食べたんだけど
うまい商売だなって気がつきました?
イーンスパイアの横田です。
http://www.enspire.co.jp

579754_579501282067632_1498928610_n

1人前15杯らしいので
150杯という事は
10人前も食べた事に(汗)

ちなみに、わんこそば体験ですが
1回に3150円も掛かる。

つまり10人前を食べたって事は
1人前は315円ということ。

1人前315円でも十分な蕎麦なのに
10人前の3150円も食べさせるってことは
客単価が10倍になってるじゃん(笑)

わんこそば商法って
他のサービスでも使えない??

1つの商品を1/10くらいの量にして
いくつ食べられるかってイベントにする。

これこそ体験を売る事じゃないかなって思う。

まさにエクスマですよね(笑)

藤村正宏さんの提唱するエクスマとは?
http://www.ex-ma.com/corum.htm

わんこ蕎麦も目の奪い合いなんですよ(笑)

さて、今日のテーマです。

消費者へ売れるか売れないか秘訣は
「目の奪い合い」である、について
15分の動画で解説しました。
https://www.youtube.com/watch?v=CWdSK1_S3ms

動画で紹介したスライドです。
http://www.slideshare.net/ShurinYokota/ss-18385863

わんこそば商法、うちも試そうかな?(笑)

最先端のノウハウはTwitterをフォローしてね。
http://twitter.com/enspire_co_jp


Google+サークルに追加してね(笑)
https://plus.google.com/116685031854720807098

Facebookページもヨロシクね(汗)
https://www.facebook.com/enspire.co.jp

YouTubeのチャンネル登録が1クリックで!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=ShurinYokota



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓