「景虎」と「影虎」から学ぶGoogle日本語入力サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleが日本語入力のサービスを2009/12/3より開始しました。
http://googlejapan.blogspot.com/2009/12/google_03.html

今すぐ利用されたい方は
 http://www.google.com/intl/ja/ime/
からインストールして下さい。

おそらく殆どの方が、マイクロソフトのIMEを使って
日本語入力されていると思いますが
ちょっと前までは一太郎を出している
ジャストシステムのATOKが主流でした。

Wordの普及とともに、一気にシェアが逆転し
マイクロソフトのIMEになってしまいましたね。

ATOKファンは根強く、マイクソフトのIMEでは
思い通りの日本語変換が出来ないって
悩んでいる方も多いと思います。

そんな中でのGoogleの日本語入力サービスの開始。

早速、インストールしてみました。
その途中に表示される文面にGoogleらしさを感じつつ(笑)

 オプション: 使用状況データと障害レポートを Google に自動送信して
       Google 日本語入力の機能向上に役立てる。

実は、特にGoogleの日本語入力を使う気が無かったんですが
幾つか実験してみたかったことがあったんです。

その一つを紹介しますね。

それは私の地元である新潟の諸橋酒造さんの地酒「景虎」
http://www.morohashi-shuzo.co.jp/

このキーワードはご入力が多いことで有名です。

あ、そうそう。

「かげとら」って読むんです。

例えば、友達から「かげとら、旨いから飲んでみたら」って
口頭で言われた時点では感じが分からないワケです。

そこで、実際に検索窓で検索しようと入力すると
漢字が分からないので、「影虎」って入力するんです。

というのも、「かげとら」で検索しようとしても
「景虎」とは出てこなかったんですね。

なので、1字ずつ、「かげ」を変換して「影」にし
「とら」を変換して「虎」にしてしまう。

「かげ」で変換して、「景」の字は出てきませんからね。

そこで、「景虎」と「影虎」で検索数の推移を見てみると

のように間違った「影虎」の方が圧倒的に多かったんです。

★2013.12.26追記★
この1年で、ようやく「景虎」が市民権を得たようです(笑)

つまり変な話、間違ったキーワードでSEOした方が
馬鹿正直にサイトを作ってる人より儲かったんですね。

現に間違ったキーワードでサイトを作っている人も少ないので
検索数は多い上に、ライバルは少ないという最高の条件でした。

ところが今年に入って、正しい「景虎」が逆転しています。
きっとNHK大河ドラマ「天地人」の影響もあった
認知されてきたのかも知れないですね。

というのでは、ちょっと読みが甘かった。

今年に入って、Googleはサジェスト機能を強化しています。

http://googlejapan.blogspot.com/2009/01/google.html

などにより、日本語変換する前の状態でも
検索窓に候補が出るようになったんですね。

実際に「かげとら」で検索しようとすると
「景虎」と「影虎」の候補が出ていますが
「景虎」が上に出ているので、選ぶ人も増えたのではと。

で、登場したGoogleの日本語入力です。

実際に、メモ帳などで試してみました。

今までのマイクロソフトのIMEでは出てきません。

一方で、Googleの日本語入力で試したら候補に出てきます。

Google側は、検索などを通して知っているのかもね。

ちょっと驚きました。

Googleが日本語入力のサービスを始めたのには意味があって
日本でのシェアでYahooに勝っていくには
日本語の独特の癖を見抜いていく必要ありますからね。

今後もGoogleの可能性を追いかけてみたいと思います。

皆さんも是非、Googleが日本語入力をお試しください。

http://www.google.com/intl/ja/ime/

—2013.12.26追記—
中国最大手の検索サイト「百度(バイドゥ)」入力情報を無断送信
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131226/k10014117561000.html



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓