地域ビジネスSEO必見!都道府県型jpドメインは早い者勝ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雪が降って殺到しちゃう前に
白馬の五龍館に行けて満足の
イーンスパイアの横田です。
http://www.enspire.co.jp

29630_512709985413429_1397803240_n

こないだ行って来た
白馬の五龍館さん。
http://www.goryukan.jp/

早くも雪が積もってました(汗)

スキーの季節ですね。

さて、今日は早い者勝ち!です。

—2014.11.6追記—-
「都道府県型JPドメイン名」における
日本語都道府県ラベルの提供を11/3開始
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/newgtld/20141105_674594.html
都道府県型JPドメイン名とは、「aomori.jp」「tokyo.jp」などのように、セカンドレベルドメインに全国47都道府県の名称を使ったドメイン名。今までサードレベルドメインでは「○○温泉.nagano.jp」「○○寺.kyoto.jp」「○○うどん.kagawa.jp」などのように日本語を登録することができた。これに対して今回、さらにセカンドレベルの都道府県ラベルの部分でも日本語が使えるようになったかたちだ。すなわち、「○○温泉.長野.jp」「○○寺.京都.jp」「○○うどん.香川.jp」も登録可能になる。ただし、混乱抑止の観点から、「○○うどん.kagawa.jp」が登録済みの場合は、「○○うどん.香川.jp」を第三者が登録できない仕組み。逆も同様だ。

なんと地域ビジネスの方は必見の
 http://都道府県型.jp
というドメイン受付が開始されました。

15分の動画で詳しく解説しました。
http://www.ustream.tv/recorded/27264053

動画で紹介したスライドです。
http://www.slideshare.net/ShurinYokota/seojp

お目当てのドメイン
もう無いかもしれないよ??

今すぐチェックしてね。
 http://都道府県型.jp



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓