インド式20×20掛け算より効果的な数字の積32個を暗記の訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎か熊本か、どっち?って
あなたは北川景子でしょ(笑)
イーンスパイアの横田です。
http://www.enspire.co.jp

さて、本題です。

よく算数や数学で落ちこぼれやすいのが
通分や約分、最大公約数、最小公倍数です。

そうならないためには、
覚えておくべき数字があり、
その1つが100までの素数です。

横田式100までの素数を見つける方法⇔エラトステネスの篩
http://yokotashurin.com/etc/prime.html
で昨日にブログで書いた数字25個ですね。

逆に、九九で暗記させられる理由は
数字を見ただけで◯×◯と分かる癖を
つけさせる為なんですよね。

日本では九九を小学校で暗記させられますが
インドでは20までの九九を暗記させます。

でもインド式が効果的かっていうと無駄が多く
もっと効率良く数学が得意になる方法あります。

それが400までで覚えた方が良い32の数字です。
http://www.slideshare.net/ShurinYokota/202032

詳しくは15分の動画で解説しました。
https://www.youtube.com/watch?v=N04uZ0pp_-0

息子に算数を教える際の資料としても
今後も数学コンサルタントが活躍?(笑)



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓