コンサルタントは、クライアントを卒業させる事が最強の実績

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルタントって何だろうって思う。

私はコンサルタントという響きやイメージが嫌いで
他の言葉で言い表せないかと思ってきた。

そして、やっと見つけたのが家庭教師という言葉。

「売上に困るネット店長の家庭教師」

である。

コンサルタントのイメージって、
専門用語や数字を織り交ぜた口で物を言い
こうあるべきだという理想論を語る。

でも実際に困っているのは、
もっと単純で、もっと些細なことが多い。

そのタグを外せばレイアウトの崩れが直るのに
その機能さえ知っていれば仕事が倍も速くなるのに
そのサービスさえ知っていれば経費削減できるのに。

そんなケースが多い。

じゃあ、コンサルタントと家庭教師の違いって何だろう??

家庭教師って、中学とか高校の時に
英語とか数学などを自宅に来てもらって
手とり足とり教えてもらうものですよね?

それで目標のテストに向けて頑張ったり
目標の学校に合格するために頑張ったり
苦手科目を克服するために頑張ったりする。

そして最後は卒業である。

高校に入学したら、中学の家庭教師を卒業するし
苦手科目を克服したら家庭教師は要らなくなる。

でもコンサルタントとの契約って、半永久的ですよね?

半永久的にお金が自然に入る仕組みを作る事が
マーケティング的にも大事って唱えているんだから
自らのビジネスにおいても、ちゃっかり実践している(笑)

ここで、よーく考えてみよう。

家庭教師って、テストに合格させないように
大事な事を教えなかったりするだろうか?

あと1点偏差値が上がったら、目標校に合格しそうだから
手を抜いて教えたりするだろうか?

苦手科目を卒業しそうだから、もっと高度な事を教えるべきなのに
あえて苦手意識を持たせるような変な問題を出すだろうか?

家庭教師は、あくまでも子供の為に
親身になってアドバイスしますよね?

親身になったら、自分の契約が切られるなんて考えないで
子供の為に出来るだけの努力しますよね?

私も、こんな存在であろうと思ったんです。

なので、電話で言えば済むような話でも
メールすれば分かるような簡単な事でも
出来れば、お会いして寄り添って教えてあげたい。

お客様の成長を身近な存在で見守り応援したい。

だからこそ、「売上に困るネット店長の家庭教師」です。

今日も本当に些細なことだったけど
何度も電話やメールでやり取りしても解決しなかったことを
訪問してアドバイスしたら、簡単に解決できたんだよね。

契約では訪問すべきでは無いんだけど
どうしても気になったので電話して
ちょっと寄りますので良いですかって。

実はネットビジネスで売り上げに困っている方の中で
こんな些細な問題の為に多くの時間や費用、労力を使っている
ケースは本当に多い。

もしかしたら私のような事をしていたら自滅するのかもしれない。

でも、お客様の傍で利益度外視でアドバイスをし
真の底から成功を語り合える瞬間は感動的です。

本当に嬉しいです。

なので、弊社の売り文句は
 「3年以内に私から自立させ卒業させます」
なんですよ。

決して、契約を長続きさせるために
ノウハウを小出しにしたり、出し惜しみしたり
自分に依存させるようなことはしない。

依存体質にすることが儲かる事は百も承知ですけどね。

そんなことして、あんたは大丈夫か?って声が聞こえてくる。

大丈夫なんですよ。

なぜなら、お客様を成功させて自立させる事が最強の実績ですから。

この実績を積み重ねていけば、今までより多くの費用を出しても
弊社に頼みたいっていうお客様は現れますからね。

そこに付加価値を見出せばいい。

もしコンサルタントと契約されている方がいたら
質問してみるといいですよ?

「あのぉ、私は、あと何年くらいで貴方から卒業できますか?」

それに明確に時間と、その時間までの計画を示せる人がいれば
安心して、そのコンサルタントについていくと良いですよ。

その代わり、期限になっても卒業できないなら
そのコンサルタントに怒鳴ってみるといい(笑)

決して世の中のコンサルタントを全否定している訳ではない。

優秀で立派なコンサルタントも多いです。

私が言いたいのは、もっとアットホームで
身近な存在でありたいから家庭教師って名乗っている。

ただ、それだけですよ。



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓