虫の目、鳥の目、魚の目だけでは足りない「石の目」の必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の付けどころがシャープでしょ。が
昨年から変わった事を今頃に気がついた
イーンスパイアの横田です。
http://www.enspire.co.jp

Snapshot_20110126_1_2

これを知った瞬間の頭の中を
写真で表してみました(笑)

1990年から続いた
「目の付けどころがシャープでしょ。」
は、2010年から
「目指してる、未来がちがう。」
に変わったようです。

A

シャープの斬新な切り口やアイデアが
大好きだっただけに少し残念です。

実は弊社の会社名のイーンスパイアは
インスピレーションの動詞形で
ひらめき、斬新なアイデアから来ています。

詳しくはブログの
 なぜイーンスパイア(株)はイーと伸ばした会社名なのか?
 http://enspire.cocolog-nifty.com/blog/enspire.html
で書かれています。

さて、世の中では色々な視点って話で
以下に挙げるような3つめの目が有名ですが
でも、私は4つあると思うんですね。

虫の目・・ミクロ(専門的・1テーマ)

鳥の目・・俯瞰(違う立場・違う業界)

魚の目・・兆し(潮流を読む・時代を読む)

石の目・・切り口(視点・斬新なアイデア)

それを事例を通して、15分の動画で
解説しましたので、御覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=HJYpoqKxcY4

皆様も新しい視点「石の目」を持とうね。

一番上の写真で鳥が飛んでいるなんて
目の付けどころがイーンスパイアでしょ?(笑)

最先端のノウハウはTwitterでリアルタイムに公開!

http://twitter.com/enspire_co_jp

フォローしてね!



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓