Google Instantに似てるようで違うYahooの検索サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleで調べてたら怒られたので
Yahooを調べて気分を紛らわしてた
イーンスパイア横田です。
http://www.enspire.co.jp

こんな感じで怒られました(泣)
Photo

先日にGoogle Instantについて書きましたが
 Google Instantを日本語キーワードで検索して試してみた
 http://enspire.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/google-instant-.html
実は、その数日前にYahooも同じような
サービスを始めていたんですよね。

でもSEO関連のブログでは
全く盛り上がらなかったんだけどね(笑)

それについて動画で解説しましたので
まずは、ご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=fsqKF7mTfsU
以下のURLで
 http://search.yahoo.co.jp
実際に検索しながら、ご覧頂くと効果的です。

いかがでしたか?

ここで改めて検索行動について考えてみますね。

1.検索エンジンの窓にキーワードを打ち始める

2.検索キーワードの入力変換が終わったら確定する

3.検索ボタンをクリック

4.検索結果を眺める

5.PPCなりSEOなりに見つけた目当てのサイトをクリック

6.目当てのサイトが表示される

以上のように、6つくらいステップがある訳です。

それが、このYahooのサービスを使うと

1.検索エンジンの窓にキーワードを打ち始める

2.目当てのサイトとURLが表示されたのでクリック

3.目当てのサイトが表示される

半分のステップで辿り着ける訳ですね。

検索行動は、我々が考えているネットビジネスと違い
ただ調査項目で検索している人が9割と言われています。

物を買いたいとか、サービスを利用したいと
検索している人は少ない訳ですね。

その中でも、指名検索しているケースが多く
普通名詞でなく固有名詞で検索している人が
圧倒的にシェアを占めています。

Yahooの2009検索ワードランキング
http://searchranking.yahoo.co.jp/ranking2009/general.html
などを見ても明らかです。

そのような固有名詞の指名検索の人の
使い勝手を良くするには、
今回のサービスは素晴らしい訳ですね。

でも我々は検索を通してビジネスをしないといけません。

どうやったら、このサービスを使って
自分のサイトへリーチさせるかも
考えないと行けないんですね。

あくまでも固有名詞でなく一般の普通名詞で。

今回の動画での調査からも分かることは、
 1.固有名詞が強い
 2.一般名詞での検索順位が1位が強い
 3.一般名詞での検索数が1番多い
ということですね。

ちなみに、3の検索数で1位というのは
ある業者のYahoo虫眼鏡サービスで
無理矢理に検索させて上位にしているケースもある。

以上から分かる事は

一般名詞を使ったサイト名(固有名詞)で
一般名詞でもSEOされていて1位で
固有名詞でも1番検索されているのがベスト(笑)

と当然の結果ですけどね。

こんな凄いサイトをクライアントさんに
持っていないので分かりませんけど
サイトに来訪するキーワードも変化するはず。

入力途中でクリックしてますからね。

リアルタイムにノウハウをTwitterで公開しています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://twitter.com/enspire_co_jp



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓