4時間facebook無料セミナー動画を6000字の文字起こし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日に発表会で舞台に上がった
6歳の息子を見て感激した
イーンスパイアの横田です。
http://www.enspire.co.jp

Snapshot_20110306

俺が、こんな会場で話すのは
いつの日だろうかね(汗)

私はUSTの舞台くらいで丁度いいかも(笑)

そんなfacebookでUST公開した映像を
文字起こししてくれた方がいます。

北岡 朋也さん
http://www.facebook.com/kitaokasan
です。

北岡さん、ありがとうございます。

私も1時間くらいしたことあるので
その大変さが凄く分かります。

文字数を数えたら約6000字でした!!!

今回は北岡さんの承諾を得て
全文を掲載します。

4時間の映像を見る時間が無い方は
この文字起こしだけでも雰囲気は分かるかな?

まずは、こちらが4時間の映像です。

http://www.ustream.tv/recorded/13055686

http://www.ustream.tv/recorded/13056557

http://www.ustream.tv/recorded/13057130

http://www.ustream.tv/recorded/13057525

このセミナーの音声は先月に福井で行った
facebookセミナーのものを使っています。
http://www.enspire.co.jp/seminar20110224.html

セミナーをUSTで御覧頂いた方も
http://www.enspire.co.jp/seminar20110224.html
に感想を書き込む場所がページ下にあります。

是非ご感想を書いて頂けると嬉しいです。

書いて下さった方にはUST中に紹介した
様々なサイトのURLをメールで送ります。

全部で50くらいあるかな?

このURLがあればダイレクトでアクセスできますよ。

で、以下が北岡さんが文字起こししてくれたモノです。
骨子は伝わるかと思います。

【Facebookとは】
・世界最大の6億人が利用するSNSである
 (世界のネット人口は20億人)
 →日本は2011年2月末現在・300万人ぐらい(ネット人口は9000万人)
・インターネット上のインフラである
・実名登録の電話帳
・人を制するSNSであり、googleは情報を制するものである
・すべての出来事の人前式である
 発信する情報は人が見ている。アナログの世界の代替になる。
・終わりのない一回きりの舞台である
 編集が効かない世界←実名だから。
 でも、普通に生活したり、会社運営の立場として仮名は使いますか?ということ。
 実名で活動したい←本気で思っている人の集まりの数。

——————————————————-
他との違い…使い分けてコミュニケーションを深める・広げる
・TW=片思い、FB=友達、mixi=親友

リアルからネットへ=mixi     ←日本での使い方の典型例
ネットからリアルへ=tw、FB   ←アメリカでの使い方の典型例

twを利用する大学生は23.4% mixiは96.6%
リアルの顔見知りと繋がっている割合・・mx81.5% FB60.3% tw48%と比べてもmxが高い
★実はmixiの方がつながりが多いのだ!!

FBのスタートは「卒業名簿・学生名簿」の感覚

mixiは登録許可がないと、原則ビジネス利用は禁止(表向きできない)
⇒FBは商用利用が原則OKである(明示されている)
——————————————————
実名だからこそできるビジネスの可能性
⇒その前に高校入学したときを思い出してみよう!
——————————————————
ダンパー数150人の法則

⇒軍隊の小隊や、村の構成人数、教会のイスの数も150~200
 把握してコミ
ュニティー形成される人数として適正な人数である。

←フォロワーや友達を人数で競い合って何を得ますか?
 単なる数の勢力では、相手も自分も覚えていない=本当の発信力になるのか??

—————————————————–
応援してもらうには…自分の「顔」を全部ひっくるめて認めて欲しい
 会社・社会・自分・家族…このバランスが個性でもある。
会社だけの話だと、相手がセールスと感じれば離れていってしまう。
⇒会社なら会社で構成すれば良い訳であり、自分ではない。

—————————————————–
横田さんの例で、中嶋さんは鉄道マニアとFBで知る。それを見て
SL乗りませんか?ついでにセミナーしませんかと誘う。文章で「マジです!」と
書くことで、相手の反応を得る。相手も了承した。⇒釣りバカ日誌ハマちゃん理論。
普通に会社の窓口ではなく、共通項を通じての接触であり、またみんなが見ている
公の場でやっているので、変に無視もされないという利点。
—————————————————–
ソーシャルメディアは、金脈を見つけるものではない。人脈を見つけるものである。
——————————————————
FBが何故流行っているのか
・とにかく友達が続々と自動的に出てくる
・写真や動画など右脳に訴えるのに強い
・いいね!ボタンは直感で相手を評価できる
・TWやUSTなどを共有することができる。
・FBの広告はターゲット属性で出稿できる!!!!
・ビジネス目的で利用しても問題がない

——————————————————
TWは発言が時系列で流れていってしますが、FBは1つの発言に対し
1ブロックで完結しているので見やすい。纏めやすい。

また、エッジランクという仕組みがある。ハイライトの機能があって
いいね!やコメントを残したり交流が多い人が上位に上がってくる!
⇒コミュニケーションを取る、本当に濃い150人を作るのが鍵である。

TWだと、フォロー人数が1万人居たら、どんどん流れてしまってわからない。
FBはそれをわかっている。
——————————————————
いいね!で広がる共感のネットワーク(1日30億回!⇒一人5回?)
いいね!をクリック→自分のフィードに現れる→友達が見たときに表示される。

UNIQLOOKの仕組み。いいねを言っている人一覧←知り合いを発見←この知り合いは
これを気に入っているならプレゼントしよう!!という繋がりもある。
また、いいね!が多かったら、それを商品開発に活かそうという考えもできる。
→マーケットがここに存在する!!
——————————————————
シェアで広がる(いいね!とシェアで爆発的に口コミで広がる!)
友達がシェアを押す←自分が見つける←シェアを押す←他の人に伝わる
これが繰り返えされ、絶え間なく露出されてくる

実例で、SPAMを紹介した旅館店主の方…SPAM注意をBLOGに書きFBで伝達した
←シェアが広がってBLOGの閲覧が爆発的に増加した←みんなが知ったことは
「佐渡の旅館主がネットに詳しい」→「佐渡に行ったら泊まろう」
——————————————————
今度は外部サイトにコメント欄を設置し、FACEBOOKで拡散していく!
BLOGに設置することで、双方にコメントが挙がって来る。
——————————————————
@アカウント名で、タグ付けが出来る(TWのID引用に似ている)
相手の画面に、自分のコメントが出てくる→タグ付けされた相手を巻き込んで
展開することができる。タグ付けされれば、その相手先へのリンクとなる。
1箇所の投稿で最大6個(=6箇所に飛ばせられる)つけられる。

写真もタグ付けできる!相手の画面に写真を配れる!!
また、友達認証にも影響する!!←ログインで尋ねられた時に
無尽蔵に認識が低い友達ではなく、判る人が出てくるので問題なくなる。
—————————————————–
TWは無意味なツールになりつつある。それはみんなセールスに使い始めたから!!
本来、個人の「つぶやく」ツールであって、「セールス」ツールではないのだから。
—————————————————–
ソーシャルメディアは第三者の目を意識するべき
→名刺はいらなくなく。紙よりも普段からSNSで知っている存在。

Yahooが考えたリンクシステム→カテゴリ分けして登録
Googleが考えたリンクシステム→サイトの連携で構築
FBが考えたリンクシステム→人で繋がる(googleが恐れている点)
—————————————————–
溢れる情報の渦と、それを処理する人の限界

2013年にはスーパーコンピュータが人間の脳を超える
2049年にはPCが全人口の情報を超える
だから、googleは情報を整理して提供することで利用者を集めた!!

検索して欲しい情報にすぐにたどり着けない確率は8割!!
リアルでは、検索しないで物を買えていた→gogleで検索して買うに!
——————————————————
左脳的な時間+右脳的な感情=マインドシェア

何を…マスメディア←大企業(会社名・商品名・サービス)
誰から…個人名←中小零細企業=時間・手間…ソーシャルメディア
買うのか?

「誰から」にたどり着くまでに、いろんな情報(自分)を出して共感を得て
いるかで、例えば「普段はくだらないことばかりを行っている車屋のおじさん」
という存在に代わり、知ってもらえる。それで選択肢に入ってもらえる。
それは時間と手間の積み重ねで実現する。
———————————————————-
写真は最強の「いいね!」を集めるコンテンツである。
グルメ・ペット・赤ちゃん・美人・絶景がいいねを集めやすい
→これをオンタイムでやるにはスマホが必要になる。
———————————————————-
写真や言葉では伝わらないことが動画で伝えられる。
→やまざき酒店さん。1週間に1本を紹介している。子供が撮影。
→また、動画で時間を支配できる=動画を見てもらっている時間。
———————————————————-
マスメディアの衰えとソーシャルメディアの威力
AIDMA→AISAS→TICASに(思考・興味・比較・購入・共有)
なので、マスメディアの力がなくとも、思考と共有に流れれば
購入につながる・・・個人でも時間と手間はかかるが、対抗できる
→でも、今は画像も動画も流せる!
※ただし、横田さんの購買導線の話はネット上の話であり、普通の
生活を



今日のブログ記事が参考になりましたら、ぜひシェアしてください。
↓ ↓

このブログの更新情報をFacebookで購読できます。
↓ ↓